第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

中卒で未経験の状態からエンジニアに転職できる!?

デスクワークは応募条件が高卒以上であることが多く、中卒で目指すのはとても難しいです。しかし、未経験者を多く募集しているエンジニアの場合はどうなのでしょうか。そこで、中卒・未経験でエンジニアを目指すことは可能なのか調べてみました。

未経験でもエンジニアを目指すのは可能!

中卒でしかもIT業界未経験であってもエンジニアに転職することは可能です。
ただ、高卒以上の学歴の人と比べると応募できる企業は限られてしまうことを理解しておく必要があると言えるでしょう。

意外にもIT業界は人手が足りていない業界であるため、一切IT業界に関する知識を持たない人を教育して企業の戦力にしようという動きがあります

そのため、1~3か月程度研修という名目でプログラミングなどを学び、ある程度知識が身に着いたら仕事を任せるという企業が年々増えてきています。
やはりお金を貰いながらプログラミングなどを学ぶことが出来る点は未経験者にとっても大きなメリットと言えるでしょう。
特に30歳以下の人を積極的に採用し企業の戦力となる若い人材を育てようとする企業は増えているので、中卒でまだ年齢が若いならこのような企業は狙い目です。

ただ、一切IT業界に関する知識が無い未経験者を募集している企業の特徴は基本的に人手が不足している「システムインテグレーター」という企業です。

システムインテグレーターとは官公庁や銀行から依頼を受けて、それらの施設の業務で使うシステムを作る会社です。
そのため、企業に所属する「正社員」ではありますが、システムを作る場所に派遣されて働く「派遣社員」扱いで働くこととなることを理解しておかなければいけません。

このようなシステムインテグレーターは渋谷など都心の一等地にオフィスを持っていることが多く、オシャレな土地で働けると思っていざ入社してみると全く違う場所に派遣されることになって後悔している人も多数います
そのため、システムインテグレーターの仕組みをしっかり理解したうえで入社する必要があると言えるでしょう。

▶中卒の人が就職するなら未経験でもIT業界を目指してみよう

Web系企業で働きたいならある程度の実力が無いと不可能

システムインテグレーターは依頼されたシステムを指示通りに作るので、自分でアイデアを出してそれを形にする仕事は出来ません

自社サービスの開発を行っているシステムインテグレーターもありますが、ごく一部なうえにある程度経験を積んでいないと自社サービスの開発に関わらせてもらうことは出来ないので、自分のアイデアを形にする仕事がしたいのであればシステムインテグレーターではなくWeb系企業もしくは一般企業のIT部門を目指す必要があります

しかし、一般企業のIT部門は未経験者の採用を行っていないため、狙うのであればWeb系企業と言えるでしょう。
Web系企業は所謂ベンチャー企業であり、経験よりも実力を重視する傾向があるので未経験者で中卒であっても即戦力として働ける実力があればWeb系企業への転職は不可能ではありません

ただ、Web系企業への転職は、IT業界に関する知識が一切ない状態だとほぼ不可能です。
企業は即戦力となることが出来る人材を欲しているため、ある程度のプログラミングに関する知識が必要です。

このような理由から、プログラミングスクールに通うか、もしくは自分で本を読むなどしてプログラミングスキルを身につけ、自分の実力を企業にアピールできる作品もしくはポートフォリオを作ることが出来るレベルを目指す必要があると言えるでしょう。

また、一切IT業界で働いた経験が無い状態でWeb系企業を目指す場合は、一般の転職サイトを使って転職活動をすると応募できる求人が見つからない可能性が高いです。

第二新卒向けやベンチャー企業に特化した転職サイトには「ポテンシャル採用」と言って、未経験者で才能がある若い人材を採用しようとしている企業が多く登録されています。
Web系企業を未経験で目指す場合は、このような企業を狙って転職活動を行いましょう。

▶私たち第二新卒エージェントneoでは未経験や中卒でも理想の転職をおすすめします

中卒で転職する際に持っておくべき資格は?

中卒でエンジニアを目指す場合、資格を持っていた方が有利に転職活動を進めることが出来ます
そこで、中卒で目指す場合にはどんな資格を取得すべきと言えるでしょうか。

1.高卒認定資格

最初におすすめするのが高卒認定資格です。

やはりIT企業に限らずどの仕事においても正社員を目指したい場合には、高卒以上の学歴を求められることが多いでしょう。
そこで、高校を卒業していなくても高卒同等レベルの学力を身につけていれば、自分の転職先の選択肢を広げることが出来ます

高卒認定資格は年に2回しか受験することが出来ず、範囲も広いので合格するための勉強が大変ではありますが、この資格を取得していれば高卒以上の求人に応募できる可能性が高くなるのでぜひ合格を目指して学習に取り組みましょう

エンジニアの仕事は設計書を読み取って指示通りに作る文章の理解能力、指示されたものをプログラミングのコードにする論理的思考能力が求められる仕事です。
そのため、特に国語・数学の能力が求められると言えるでしょう。

それにIT業界で働く場合は英語の説明書を読まなければいけない場面も多いです。
そのため英語力も求められることから、高卒同等レベルの学力を身につけることで仕事に対する理解も深まるでしょう。

2.ITパスポート

そしてもう一つおすすめするのがITパスポートです。

ITパスポートはIT業界における入門的な役割を持った資格であり、IT業界の仕事がどのように進んでいくのかを知るために良い資格と言えるでしょう。
受験料が安く、いつでも受験できる点も便利です。

ITパスポートで出題される範囲は開発手法やネットワークなどインフラに関する知識、ハードウェア・ソフトウェアの名前や仕組みに関する知識が中心となっています。
そのため、ITパスポートの学習を行うとIT業界で働く際に必要な基本的な知識が身につきます

3.基本情報技術者試験

もしもITパスポートの学習をしていて余裕があるのであれば、大幅に難易度が上がりますが基本情報技術者試験を受験してみるのも良いでしょう。

基本情報技術者試験はITパスポートで学んだ知識をより深めることが出来る問題が中心で、JavaやC言語などプログラミング言語に関する問題も出題されることから、基本情報技術者試験に合格していると未経験者の中でもかなり高い評価を受けることが出来ます。
一切IT業界で働いた経験が無いと合格するのが難しい資格ではありますが、持っておくとかなり有利に転職活動を進められるのでおすすめです。

中卒でエンジニアを目指すならなるべく早めに!

IT業界は人手不足なので若い人材を積極的に採用しており、中卒でエンジニアを目指すことは不可能ではありません
ただ、未経験者の募集に関してはなるべく若い方が有利であるため、エンジニアを目指そうと考えているのであればなるべく早めに転職活動を始めた方が良いと言えるでしょう。

また、悔しいことに中卒での転職は高卒以上の学歴の人が転職する場合と比べると不利な面が多いです。
そのため、転職活動をする際には転職に関する知識を持っている転職エージェントを活用すべきと言えるでしょう。
業界未経験者の転職をサポートする転職エージェントはたくさん存在しているので、私たちのような転職エージェントを活用してアドバイスを受けながら転職活動を成功させてください。

▶面接を攻略せよ!中卒・未経験でもシステムエンジニア(se)への転職は可能!

おわりに、ブラック企業への就職/転職をしたくない方

私たち第二新卒エージェントneoは、本当の意味で安心できる企業をご紹介いたします。一度学校(中学や高校、大学)を卒業してしまうと、いわゆるネームバリューのある人気企業への就職は難しくなってしまいます。しかし、人気の企業に勤める事が、若手が安心して長く働ける事であるとは限らないのです。

私たちは、知名度にかかわらず、社員を大事にして安心して働ける求人をご紹介いたします。社風や環境、やりがいなど、働く上で本当に価値有る企業の求人をご紹介いたします。

20秒で終わる会員登録はコチラ