就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

中卒でも神戸で転職を成功させられる!仕事探しのポイントをリサーチ!

人口約150万人を誇り、国内外から観光客が訪れる都市「神戸」。そんな神戸では働き手の需要が高く、転職のチャンスが沢山あります。中卒だからと言って気後れすることはありません。この記事では、中卒の人が仕事探しをする際の心構えやポイント、そして生き生きと働ける転職先を見つけるにはどうしたら良いのか、具体的に紹介していきます。

企業側の中卒に対するイメージは?

学歴重視の風潮が根強く残る日本では、中卒に対する風当たりが強いことは否めません。

人間は弱い生き物で、残念なことに、学歴がないというだけで相手を見下して優越感を持ちたがる人もいます。中学卒業後に就職を一度でもした人なら、過去にこのような苦い経験を味わったことがあるでしょう。

しかし、時代の移り変わりに伴い人々の価値観も変化しています。「学歴不問」「未経験歓迎」という条件を掲げ、採用の際に応募者の人となりや個性を見極めようとする企業も増えてきました

中卒の強みとしては、いち早く社会に出たことで社会人としての基本的なマナーが身についていたり、周りに甘えず責任を持って仕事を成し遂げる姿勢があることです。

企業側もそれを理解しているので、自身のアピールポイントを伝えながら精一杯面接などに臨めば、良い結果は付いてきます。

中卒が転職しやすいのはどんな職種?狙い目は?

中卒の人が働ける職種は意外に多いものです。代表的なもので比較的敷居が低めなのは、建設現場などでの肉体労働、いわゆる「ガテン系」です。

体力勝負のため働き手は若い男性が中心ですが、頑張りが認められると現場監督などへの起用のチャンスもあります。同じ労働者としての仕事でも、漁業、農業、警備会社、清掃会社などは学歴不問の求人も多く、仕事が見つかりやすい業界です。

少子高齢化社会に伴い急速にニーズが増加しているのが介護系の仕事です。実は、介護士として働き始めるのに資格は必要ありません

やる気があり人の気持ちに寄り添える人なら誰でもなれますし、介護士の仕事を更に極めたりキャリアアップをしたい場合は働きながらの資格取得も十分に可能です。

また接客業飲食業界もおすすめです。アパレルショップやレストランに始まり、ホテルやレジャー施設まで活躍の場は様々です。

実践を通して学んでいくタイプの仕事のため、学歴は基本的に重視されません。人と関わる事が苦にならず、色々な人に出会うことで自身を成長させたい人に特に向いています。

そして狙い目の職種は不動産の営業職IT系(プログラマーなど)で、本人の努力次第で高収入が目指せます。

なぜ「不動産」の営業なのかと言うと、他の業界と比べて「学歴不問」をうたう求人が多いためです。

自分が出した成果が、良くも悪くもストレートに給料に跳ね返るのが営業職ですが、不動産業界はその「実力主義」が色濃く反映されています。

精神的にはタフである必要がありますが、人と競い合う事でモチベーションを高めていけるような向上心のある人なら、挑戦しがいがあります。実際に、中卒の営業職が売上を伸ばし、大卒以上の給料をもらったという事例もあります。

IT系は今後も発展する産業として注目されているにも関わらず、圧倒的な人手不足に常に悩まされています。スキルさえ身につければ学歴は関係ありません

「不登校で高校を卒業できなかったけれど、家ではパソコンばかりいじっていた」というようなコンピューター好きの人には、プログラマーはもってこいの仕事です。一定の学習期間が必要になりますがIT系のスキルは一念発起して身につける価値大です。

中卒でも差別されない!学歴より実力重視の職場4選

学歴社会といわれる現代において、悔しいことに中卒者が他の学歴の人に比べてハンデを被りやすいことは事実です。

しかし現代では人材不足が顕著な業界も多く、さまざまな分野において若いパワーを必要としている企業や職場がひしめいています。

そういった現場では学歴よりも「実力」や「やる気」、「明るさ」や「エネルギッシュ」さに加え、これからの可能性を秘めている人材を求めています

中卒が区別を受けやすい理由は「社会人としての常識が危うい」「今まで勉強の努力をしてこなかった」などの誤解があるためであり、デスクワーク中心の仕事は中卒に対して採用率が厳しくなる傾向が見られます。

中卒でものびのびと働きたいなら、体力勝負の職場に就職するのがおすすめです。例えば工事現場や建設現場では「いかに動ける人材であるか」を重要視しており、極端な話、たとえ東大生でもしっかりと動ける人材でない限り有能とはいえないのです。

他にも接客業や飲食業なども中卒者に向いている業界・職種だと言われているため、狙い目の仕事です。

さて、このコラムでは中卒者がのびのびと働ける職場を4つに絞ってお伝えしていきます。もっと読みたい方はこちらをCheck!

資格取得を目指してみよう!中卒におすすめの資格を紹介

資格がなくても転職が出来るとは言え、資格を持っているに越したことはありません。転職活動に有利に働く資格を見ていきましょう。

文部科学省による高等学校卒業程度認定試験(高卒認定)は、まずはじめに取っておきたい資格です。

どんな業界に転職するにしても「高卒と同等」の資格があるのと無いのとでは、相手側の印象は全く違います。高校中退の人などは、当時の取得済み単位があれば、試験の一部が免除になるなどの措置もあります。

また「マイクロソフトオフィススペシャリスト」は、ワード・エクセル・パワーポイントのスキルを客観的に証明してくれる資格です。パソコンの基本的な操作ができる事は、今やほとんどの会社で最低限の条件になっています。

そして海外からの旅行者が爆発的に増加している今の日本で役に立つ資格は「国内旅行業務取扱管理者」です。難易度は高めですが、一度取得しておけば将来の職探しの際に好影響を与えますし、経験を積んだ後は独立や開業も可能です。

なお不動産業界に興味がある人には「宅地建物取引士」、通称「宅建」がおすすめです。国家資格のため信頼性もあり、就職活動の際の助けになります。

また景気に左右されない業界として介護と並んで医療業界があります。

「准看護師」は、厚生労働大臣発行の国家資格です。受験資格は「中学校卒業」を含み、合格すればいずれは正看護師としての道も開けてきます。求人が常に多く、女性だけでなく男性看護師も存在感を発揮しています。

まずは派遣からでもOK!最終的には正社員になろう!

せっかく就職活動をするのだから、給料が安定している正社員で採用されたいと考える人は多いはずです。しかし、直近の退職からのブランクが長く不安に感じていたり、なかなか希望の就職先から内定をもらえないという人がいるのも事実です。

そんな人は、正社員登用への踏み台としてアルバイトや派遣からスタートするのも一つの手で、場合によってはその方が効率的な事もあります。

若い世代ならではの飲み込みの早さと吸収力はプラスに働きます。それに加えて、コツコツと努力を積み上げて実力や姿勢が評価されれば、短期間での正社員への昇格も夢ではありません。

自分に適した方法で転職活動をするのがベストです。焦り過ぎず、前向きに捉えていきましょう。

学歴差は消せるんです!中卒による転職の成功方法の全て

転職活動を行う際にまず真っ先に気になってしまうのが学歴のことです。近年では学歴社会が終わりを告げ即戦力が求められるようになってきていると言われていますが、実際のところ学歴重視の会社が多いのは事実です。

そのような中で中卒者が学歴によって生まれる差を埋めて転職活動を成功させるには、具体的に何をすれば良いのでしょうか?

まず皆さんは中卒と高卒での生涯賃金の差をご存知でしょうか。なんと近年では男女共に約2000万円もの差があると言われています。

この原因として挙げられるのは、同じ職場でも学歴によってスタート時の給料が異なってくることがあることと、学歴が上がるにつれていわゆる一流企業の中でも給料が良い、あるいは給料が上がりやすい仕事に就きやすいという点の二つになります。

他にも学歴によって就職や転職が可能な業界や職種が変わってくることも中卒者が知っておくべきポイントです。この点が不明瞭なまま転職活動を続けていると、採用で落とされ続けることになりかねません。

さて、このコラムでは他の学歴に比べたら決して有利ではない中卒者の転職を成功させるためのコツをご紹介しています。もっと読みたい方はこちらをCheck!

転職活動をするのに最適な手段は?

では、実際にどのように職探しをしたら良いのでしょうか。一般公開されている求人票とにらめっこしながら一人で悶々とするのは孤独ですし、要領が分からないまま闇雲に就職活動を続けても、満足の行く結果が得られない事も多々あります。

そのような事態を避けるためには、専門のエージェントサービスの利用がおすすめです。

私たち「第二新卒エージェントNEO」では、中卒の学歴を持つ人に厳選した優良求人を紹介しています。

若年層に特化したエージェントとして豊富な実績を持ち、登録から内定獲得、そしてアフターケアまでの手厚いトータルサポートを行っています。

キャリアアドバイザーが個々の希望に寄り添いながら的確なアドバイスをすることで、自己の隠れた強みや適性を見出すことが出来ます。

私たちは、初めての転職で右も左も分からなかった求職者が、見事に希望の企業に入社した姿を沢山見送ってきました。大都市圏である神戸でも企業との太いパイプを持ち、学歴不問の数多くの求人を扱っています。

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div