第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

面接を攻略せよ!中卒・未経験でもシステムエンジニア(se)への転職は可能!

seを目指していても学歴がネックとなって転職を諦めてしまう人は多いです。しかし、もちろん未経験・中卒であってもseを目指す方法はあります。そこで、未経験・中卒の人がseを目指すにあたってどんな対策をして転職活動に取り組むべきかを解説します。

seの仕事を誤解しないことが大事

seはシステムエンジニアの略称で、世間一般ではseの仕事はプログラミングをする仕事だと思っている人も多いでしょう。しかし、この仕事はプログラマーの仕事であり、seの仕事ではありません。
seの仕事はプログラマーに指示を出す仕事であり、一切IT業界で働いた経験が無いとプログラマーに的確な指示を出すことが出来ない可能性が高いため、プログラマーとして経験を積んだうえでseになるのが一般的です。seが設計をしたものをプログラマーが作るとイメージすればわかりやすいでしょう。
そのため、未経験でseを目指すことが出来ると言うインターネットの記事も多いですがそれはseではなくプログラマーです。

ちなみに未経験でもseになれるという条件で求人を出している企業はたくさんありますが、このような企業はIT業界ではあるものの人事担当者がIT業界の用語をしっかり理解していない可能性が高いです。あまり人事担当者が現場の仕事内容や用語を理解していないと、現場と人事との連携が取れていないことが多いと言えるでしょう。このような企業はブラック企業の可能性が高いので、なるべく避けるようにしましょう

IT業界の仕事はseだけではない

IT業界の仕事と言われるとseをイメージする人が多いでしょうが、それ以外にも色々な仕事があります。IT業界は未経験者を多く募集している業界なので、とりあえず正社員になりたいならIT企業に入社すれば良いと思っていると仕事が自分に合わない可能性もあります
そこで、IT業界で未経験者を募集していることが多い仕事を知って自分の得意なことを活かせる転職先を見つけましょう。

1.プログラマー

最初に未経験者の募集が多い職業として挙げられるのが先ほど紹介したプログラマーです。
その名の通り色々なプログラミング言語を使ってコードを書き、設計書に書かれたWebサービスなどを形にする仕事なので、自分がコードを書いた商品を世間の人に使ってもらえることがやりがいと言えるでしょう。

2.テスター

次に紹介する仕事がテスターです。
テスターとは色々なパターンを想定して試してみてWebサービスやアプリのバグを探す仕事であり、経験・学歴不問の求人が多いため中卒・未経験でも目指しやすいと言えるでしょう。
しかしテスターはマウスをクリックし続けたり同じキーを押し続けるなど、ひたすら同じ動作を繰り返す仕事です。そのため、なかなかエンジニアになるのに必要なスキルが身に着かないという難点もあることを理解しておく必要があります

3.インフラエンジニア

プログラマー・テスター以上に知名度が低く、人手が足りていないことから未経験者の需要が高い職業がインフラエンジニアです。
インフラエンジニアはインターネットが安全に運用されているかを監視し、万が一トラブルが発生したら原因を究明して解決する仕事が中心となっています。プログラマーと比べると地味に感じるかもしれませんが、私たちがインターネットを使ううえで欠かせない職業と言えるでしょう。

IT関係の仕事選びや内定獲得のコツ

プログラマーとインフラエンジニアに関しては、一切知識が無い若年層に1~3か月程度の技術研修を行っている企業が年々増えています。プログラミングなどを学ぶ場合、スクールに通うと費用が高いためにIT業界を諦めてしまう人がいますが、このような企業では研修期間も給料をもらうことが出来るうえに、中卒でも採用していることが多いので狙い目と言えるでしょう。

また、一切実務経験が無くてもスキルさえ身に着いていれば目指せる職業もあります。その例として挙げられるのがWebデザイナーです。
Webデザイナーは経験よりも実力重視であり、一切業務経験が無くてもIllustratorやPhotoshopなど業務に必要なツールに関する知識があれば採用を行っている企業が多数あります

またプログラマーやインフラエンジニアを目指す場合も、既にある程度知識が身に着いている方が転職活動を有利に進められます。そのためIT業界を目指したいのであれば転職活動を始める前に、自分が希望する仕事に関する知識を身につけておくと良いでしょう。

▶中卒の人が就職するなら未経験でもIT業界を目指してみよう

面接対策は大事

中卒で転職活動をする場合、しっかり対策をして面接官の質問に備えておく必要があり、特に中卒の場合に質問されることが多いのが「どうして高校に進学しなかったのか」です。
現在高校への進学率は97%を超えており、高校へ進学しない中卒の人は年齢が若ければ若いほど珍しいと言えるでしょう。家庭の事情で働かなければいけなかったなどという場合は正直に事情を話せば問題ありませんが、ただ高校に行きたくなかっただけではやる気がない人と判断されてしまう可能性が高いです。そのため、他にやりたいことがあったなどしっかり高校へ行かなかった理由を説明できるように備えておきましょう

また、理由が説明できない場合は自分の落ち度を認め、今は気持ちを入れ替えて仕事を頑張っていることをアピールすれば認めてもらえることも多いです。そのため、この場合は今自分が頑張っていることを採用担当者にアピールできるように面接準備をすると良いでしょう。

特に面接官に自分の頑張りをアピールしやすいのが「資格」です。取得する難しさが世間一般にも知られているため、資格を取得するためにどれくらい頑張る必要があるかを理解している面接官が多いでしょう。特にIT業界を目指す場合はIT業界に関連する資格を取得するのがおすすめです。

数あるIT関連の資格の中でも一切IT業界に関する知識が無い人におすすめの資格としてITパスポートが挙げられます
ITパスポートはIT業界初心者向けの資格であり、新卒社員に取得を義務付ける企業も多いです。どのような流れで開発が行われるか、データベースの操作はどのように行うかなど、IT業界で働くうえでの基本中の基本が出題されます。そのため、プログラマーやインフラエンジニアなど職種に関係なく取得しておいて損は無い資格と言えるでしょう。

▶中卒の就職・転職は他の人より不利?有利に転職を進めるには?

未経験ならプロのサポートを受けるべき!

IT業界は人手不足な業界なので未経験者を積極的に採用していますが、悔しいことに中卒の場合は学歴の面で他の応募者よりも不利なのでしっかり対策をしたうえで転職活動をすべきと言えるでしょう。

そこで、中卒・未経験という条件で転職活動をする際に利用すべきと言えるのが転職エージェントです。
私たちのような中卒・高卒や未経験者の転職サポートをしている転職エージェントも多く、転職活動の際の面接対策や応募書類対策を行っています。一切自分が経験したことのない業界への転職活動をする場合、どのように面接・応募書類対策をすれば良いのかわからない人も多いでしょう。そこで、転職エージェントを使えばどのように転職活動を進めれば良いのかアドバイスを貰うことが出来ます
キャリアコンサルタントと実際の企業面接を想定した面接練習が出来る転職エージェントを活用して転職活動を成功させましょう。

▶私たち第二新卒エージェントneoでは未経験や中卒でも理想の転職をおすすめします

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ