第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

中卒で再就職する時に役立つ履歴書のポイント4つ

「自分は中卒なので、再就職するのは難しいのでは」と悩んでいる人もいるでしょう。しかし、中卒であっても再就職したいという気持ちがあれば正社員への道も開けます。そのためには、企業に提出する履歴書でいくつかのポイントを押さえて就職活動を進めることがカギとなります。今回は、中卒で再就職する際に押さえておきたいポイントを4つ紹介します。

資格を取れば再就職の際に履歴書に書けるから有利になる

正社員としての再就職を中卒者が目指す時は、資格を取得していた方が就職活動で応募する職種の幅が広がります。なぜなら、履歴書の「資格」欄に書くことができますし学歴がネックになりがちな中卒就職でも、就職活動に有利と言われている資格を取れば、他の応募者との間に差を付けられるからです。また、自信が生まれるという点も大きなメリットです。

ただし、資格と言っても世の中には様々な種類の資格が存在します。その中で、中卒者に人気がある資格の一つが「高等学校卒業程度認定試験」です。この資格は「高卒認定」とも呼ばれ、高校に進学しなかった人あるいは高校中退者などが受験する資格です。高校の課程を修了していない人に対して、学習の成果を適切に評価する国家試験です。

この試験に合格して高卒と同じレベルの学力があると認められれば、国公立や私立大、短大や専門学校などの受験資格が得られます。受験することができる資格の幅も格段に広がり、何よりも「中卒」の学歴から「高卒と同等」にランクアップできるので就職活動に有利です。しかも、受験資格には上限が定められていないため、ブランクの期間が長いフリーターの人にとっても大きいチャンスと言えるでしょう。

補足:高卒認定試験を受ける準備や手順って??

高卒認定試験を受験するには、まずは受験に必要な書類が同封されている受験案内を手に入れましょう。具体的には、直接受験案内を手に入れたいなら文部科学省や各都道府県教育委員会、各都道府県などの配付場所で入手できます。あるいは、資料が請求できる受付サイトでダウンロードするか、電話で受験案内を取り寄せることも可能です。配布の時期は、第1回目の試験は毎年4月の中旬頃で、第2回目の試験は7月の下旬頃になっています。受験案内が手元に届いたら、願書を指定の機関に提出して受験しましょう。

就職活動では情報収集を徹底させることが重要

中卒者が再就職を目指す時に、就職活動でカギになるのは何と言っても情報収集です。その理由は、中卒者の就職活動では大卒者や高卒者と比較して正社員の求人数が少ないことや、募集はあったとしても倍率が高いケースがあるからです。学歴という壁を越えるためには、応募している企業の対象者に中卒が含まれている求人の情報を確実に集めて履歴書の中でアピールする必要があります。情報収集の段階から遅れを取ってしまうと、条件の良い求人の募集が締め切られてしまう可能性が高いので、スピードも重視しましょう。

▶求人検索・お仕事さがしはこちらから

また、中卒者が応募できる求人情報を探す具体的な方法としては、新聞および広告に掲載されている求人募集を探したり、インターネット上の求人サイトやハローワークなどを利用する方法があります。しかし、数多くの求人情報から中卒者でも応募ができる求人を探すのは難しかったり、倍率が高くてなかなか内定に繋がらないケースも。中には、履歴書や応募書類をどう書けば良いか分からない場合もあるでしょう。そんな時に有効なのが、内定を取れるまで就職活動をサポートするエージェントサービスです。個別に就職相談を行ったり、履歴書などの添削や未経験でも応募可能な正社員求人の紹介など、一人一人の就職活動をトータルで支援しています。

履歴書を書く前に!仕事を探す時は長く続けられる求人を探そう

希望の会社に再就職を果たすには、仕事を探す段階で自分が長く続けられる求人を見つけることが重要です。その理由は、好きな分野の仕事なら長続きしやすいからです。中卒は高卒および大卒よりも不利になる可能性は否定できませんが、「応募できる求人ならどこでも良い」と考えて応募してしまうと、就職してから苦労する可能性があります。

そうならないためにも、仕事を選ぶ時には自分自身が好きなことや特技、長所などを書き出して一度整理し、自分の適性に合う求人を探すようにしましょう。学歴上のコンプレックス、苦手意識などで自分の可能性を縛りつけずに、未経験の仕事でも真面目に取り組む積極的な姿勢が就職活動を成功に導く近道です。ただし、どんな種類の仕事も、実際に経験してみなければ自分に合っているか分からない、という点も事実。少しでも興味や関心を持てる求人なら、まずは応募してみましょう。

履歴書も仕事探しも何から活動したらよいか分からない時はプロに相談

中卒者の立場でも、正社員として再就職できる可能性がない訳では決してありません。資格を取得してスキルアップを行えば就職活動でも有利になりますし、情報収集を徹底することで条件が良い求人が見つかる可能性が高まります。再就職を目標に掲げて、今できることから一歩ずつ取り組んで行きましょう。

一人で活動するのが心配な時は、私たちの就職活動サポートサービスを利用してみて下さい。私たちは、様々な企業が存在する中で若年層が安心して働ける企業を紹介しています。知名度の高い企業に就職することだけが全てではありません。知名度以外の判断基準を持って仕事を探し、履歴書を工夫し、自信をアピールすることで社員を大事にする企業に安心して勤務することができるはずです。

おわりに、ブラック企業への就職/転職をしたくない方

私たち第二新卒エージェントneoは、本当の意味で安心できる企業をご紹介いたします。一度学校(中学や高校、大学)を卒業してしまうと、いわゆるネームバリューのある人気企業への就職は難しくなってしまいます。しかし、人気の企業に勤める事が、若手が安心して長く働ける事であるとは限らないのです。

私たちは、知名度にかかわらず、社員を大事にして安心して働ける求人をご紹介いたします。社風や環境、やりがいなど、働く上で本当に価値有る企業の求人をご紹介いたします。

20秒で終わる会員登録はコチラ