就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

テレビ局への就職ってどうすればいいの?面接で聞かれること・必要なスキルも!

既卒者で、テレビ局で働きたい人はいませんか。テレビ局への就職は、芸能人と近い距離で働けることやお給料を多く受け取れることから人気を集めています。

しかし、既卒の場合は採用してもらえるのか不安に感じている人もいるかもしれません。今回の記事では、テレビ局への就職を考える既卒者に向け役に立つ事情と面接対策についてご紹介します。

あなたの就活を二人三脚で助ける無料サポート

テレビ局に就職・・・実は学歴が関係ない!

テレビ業界はバラエティ番組やドラマを中心に、以前は高視聴率を叩き出していました。ですが、動画サイトを見る人や自宅にテレビを置かない人が増えたことで、昔と比べると視聴率は下がりつつあります。

そこでテレビ局は少しでも視聴率を獲得するために、視聴者に楽しんでもらえるような企画を常に考えているのです。

より多くのアイデアがあればあるほど良い企画を作りやすくなるので、テレビ業界に限らず各業界がさまざまな人材を求めています。アイデア力のある人やリサーチ力に長けている人など、求められている人材は様々です。

したがって、アイデア力があるなどの能力のある人材であれば既卒新卒を問わず就職することは可能なのです。

しかし、以前のようにテレビ局は高学歴の人材しか雇ってくれないだろうと考えている人は多いようで、学歴関係なく就職できることを知っている人は少ないといえるため今がチャンスかもしれません。思い立ったならすぐに行動してみましょう。

ただし、テレビ局は依然として人気であることに変わりはありません。テレビ局で働く上で求められることや注意すべきことを把握してから就職活動に臨みましょう。

内定獲得率90.1%

テレビ局に就職する際に求められること

求められること1.プラス思考

既卒者がテレビ局で働く上で大切なのは、プラス思考でいられることです。

テレビ局の主な仕事といえば番組制作になりますが、その業務に関わりたくて就職を希望する人もいるでしょう。しかし採用されたからといって、自分の希望が通るとは限りません。

管理部や経理部のように、制作業務とは異なる部署で働くこともあるのです。テレビ局で働く場合には希望する仕事ができなくてもプラス思考を大事にし、与えられた仕事をきちんとこなすようにしましょう。

仮にプラス思考でいることができなかった場合、テレビ局で働いていくことは容易ではないと考えられます。早期に退職してしまうことも十分に考えられるでしょう。

これはどんな仕事にも言えることですが、仕事とはその仕事によって発生するものを必要としている人(すなわちお客様)がいてくれるからこそ存在するのです。

テレビ局の仕事であればテレビ番組を見たいと思ってくれるお客様がいるから、出演してくれるタレントや俳優陣がいるから成り立つものなのです。つまり、テレビ局で働くにはこれらの方を最優先に働かなければならないのです。

いくら自分の意志にそぐった内容でなかったとしても、自分の意志が100%通らなかったとしても、多少理不尽であると感じることがあったとしても、お客様のニーズに応えることが絶対であると頭に入れておく必要があります。

特にテレビ業界は通常では考えられないほどの予算が制作費に使用されていますから、その分失敗は基本的にあってはなりません。たとえその失敗に同情の余地があったとしても、お客様(視聴者や出演者)からすれば関係のないことなのです。

したがって、少しのミスでも2回以上繰り返されると当たり前のように怒号が飛び交います。生放送の場合などより一層の緊張感が漂う現場であればなおさらでしょう。

しかし、それでもテレビ局での仕事を続ける方たちは大勢いらっしゃいます。それは少なからず、テレビ局での仕事に誇りを持っているからであるとも考えられますが、それだけではなかなかつらいものがあるかもしれません。

やはりどんなに辛い状況であっても、理不尽な叱り方をされても、すべてをポジティブに捉えて消化することのできるプラス思考が必要不可欠です。タフな精神を持っている人ほど業界に残ることが出来ています。

テレビ局への就職を考えている場合にはぜひこの点に留意して就職活動に臨んでみてください。気合いの入り方が違うはずです。

求められること2.体力

また体力があることも、テレビ局で働くからには重要です。一般企業の場合、ある程度業務を終えれば、その日で帰ることはできるでしょう。

しかし、一方でテレビ局は放送日までに番組ができあがっていなければ完成するまで仕事は続きます。そのため泊まりこむ日が何日も続き、自宅に帰れないことも珍しくないのです。

基本的にテレビ局での仕事は職種を問わず勤務時間が不規則で、その日によって入りの時間(現場に入る時間)が違うなどと言うことは日常茶飯です。通常の時間帯に出勤することもあれば明け方であることもあるでしょう。

このように、時期によってはハードワークになることもあるのでそれに対応できる精神力と体力が求められます。

求められること3.流行に敏感で時代を先取るアンテナを持っていること

テレビ局では時代を見据えた最先端の情報を日々取り扱っています。たった今流行っているものや文化、またはこれから流行るであろうものを常にリサーチする力が必要となります。

したがって、もともと流行に敏感であったりトレンドに関する情報を収集することに興味がある方には向いているといえるでしょう。クリエイティブな能力が常に必要とされるのです。

なお、テレビ局内では有名人や著名人が当たり前に行き来しているため最初は興奮してしまいがちですが、そこは真剣に仕事を行う現場であることを忘れてはいけません。単なるミーハーには務まらない現場であるといえます。

そういった状況でも常に冷静に仕事相手としてみることができる落ち着いた精神も必要となります。

「自分に合った仕事は?」おまかせで仕事のプロに無料相談!

テレビ局に存在する職種5選!

制作・編集

さて、まずはテレビ局において最も想像しやすい職種、制作・編集について見ていきたいと思います。まずは制作についてです。

制作チームは基本的にテレビ番組の企画や番組の目的に沿った出演者の決定、出演決定済みのタレントやスタッフとの事前打ち合わせ、番組収録のための現場の確保その他の準備など、番組制作におけるほとんどの仕事を制作チームが行います。

そして、制作チームの努力により完了した収録映像にテロップやナレーション、ワイプ映像の挿入などを行っていく次の段階の作業を担うのが編集チームです。

もちろん制作の業務にも広範囲の業務内容が存在し常に頭を振る回転させて常に気を張っていなければならないため精神的、肉体的体力を必要とする大変な仕事ですが、編集もまた神経をすり減らす大変な仕事です。

最近ではソフトとPCを使用して自宅でちょっとしたものから結構な大作まで編集作業をしたことのある方もそこまで少なくないかと思いますが、そういう方であれば具体的に想像がつくかと思います。

制作も編集も細かい作業が多く集中力を必要とする大きな仕事であるため、体力には自信がある!エネルギーには自信がある!いった方でなければキツイと感じるかもしれません。ただし、その分テレビで放映されているのを見たときのやりがいはひとしおでしょう。

アナウンサー

テレビ局においてアナウンサーの仕事は花形の業務であるといっても過言ではないでしょう。報道番組や情報番組で毎日のようにテレビ番組に出ることができる憧れの職業ではないでしょうか。

元来女性にかなり人気のある職業のひとつですが、最近では男性にも人気が高まってきており、テレビ局に存在する職種の中でもアナウンサーは最も倍率の高い仕事であると考えられます。

さて、アナウンサーの仕事はわかりやすい部分でいえば上述したようなテレビ番組出演、そして各番組における正しい情報の提供が挙げられます。原稿を聞き取りやすく、一字一句間違えずに読み上げることが最低限求められます。

また、中にはバラエティ出演など応用力・対応力・アドリブ能力が求められる現場もあり、報道番組とはまた違う緊張感を伴うこともあるでしょう。

他にも2019年に放映された日本テレビ(以下:日テレ)「24時間テレビ」では、人気女性アナウンサーの方が長距離マラソンを完走してらっしゃいましたね。完走した瞬間の映像はまさに感極まる素敵な光景でした。

なおこれは番組を見ているだけでは想像しづらいかもしれませんが、アナウンサーはテレビ局の社員という位置づけであり、取材活動などの表には出ない業務内容をこなす場合もあります。

取材の際には長距離移動などの肉体的疲労、常に機を張る必要のある精神的疲労も伴うでしょう。時には台風接近中の暴風雨の中現場に繰りだし、現場からスタジオへ中継をつなぐ場合もあります。

現場中継の例では、これも日テレの人気情報番組「スッキリ」でおなじみの阿部祐二アナウンサーが印象的ではないでしょうか。日本国内だけにとどまらず、危険な地域にも取材に赴きいつも熱くリポートしてらっしゃいます。

なお、裏方作業をアナウンサーの方が行うことについては、例えばテレビ朝日「激レアさんを連れてきた」が例に挙げられるでしょう。

この番組では看板女性アナウンサーの方が毎週違うゲストの「激レア」な方の信じがたい特殊な経験を解説すべく、直筆で大量のパネルやイラストを作成していらっしゃり、この節からもアナウンサーの裏方の仕事を想像することができるのではないでしょうか。

これは作成の手間だけではなくゲストの方への事前の細かい取材があってこそ成り立っているものでしょう。アナウンサーの仕事はこのようにさまざまな業務内容から構成されているのです。

カンタン!年収診断!

ITビジネス系の企画職

さて、テレビ局での仕事ということを度外視しても聞きなじみがないであろうITビジネスの企画職について次は解説いたします。

現代ではYouTubeなどテレビ意外の映像配信媒体の急激な成長、人気加速に伴い若者のテレビ離れが顕著になってきています。

それに伴って広告費もweb業界が占める割合が高くなってきており、テレビ業界もITビジネスを無視できない状況になってきています。

そこで最近ではしなくドラマに対応したアプリやLINEスタンプの企画など、クリエイティブなアイデアのニーズが急速に高まってきているのです。

ただしITビジネスの部門についてはいわゆる「正解」がありません。もしテレビ業界における「正解」が視聴率なのであれば、視聴率を上げるためのビジネス展開を其の都度模索していく必要があります。

営業職

さて、実はテレビ局にも営業職が存在します。

「え?テレビ局が何の営業をかけるの?」と想像しにくいという方もいらっしゃるかもしれませんが、そもそもテレビ局はなぜ莫大な予算を使用することができるのかを、皆さんは考えたことがあるでしょうか?

テレビ番組の途中途中にはテレビCM(コマーシャル)が随時流れますが、あれは各番組についているスポンサーの企業が提供しているものになります。

すなわち、スポンサー企業が「この番組に予算を出資する代わりに宣伝させてくださいね」ということで流れているのがCMなのです。スポンサーはその番組の視聴率が高いほどに宣伝効果がUPするというわけです。

さて、テレビ局の視点から見てみればスポンサーの存在は非常に心強いものです。スポンサーが出資してくれるから満足のいくクオリティーでテレビ番組を作ることができます。

しかし、逆に言えばスポンサーがまったくいなければテレビ局は番組を制作することはおろか、放映することもままなりません。したがって、テレビ局サイドから予算を出資してくれるスポンサーを探す必要もあるのです。そこで営業の登場です。

テレビ局における営業はスポンサーの発掘の他、広告代理店と提携してCM放映の時間枠を売ることが主な仕事です。そのスポンサーの宣伝内容にそぐった番組や時間帯は一体どこなのか。

たとえば調味料の宣伝であれば主婦の目につきやすい朝や夕方の情報番組の隙間などがニーズにそぐっているでしょう。しかし、逆に男の子向けのミニカーの宣伝を平日の11時代のネオバラ枠に放映してもあまり効果が見込まれません。

また、価格設定も視聴率1%あたりで計算するためその都度価格が違い、これも営業が設定します。

他にもテレビ局関連の仕事全般において営業の業務は存在しますが、大枠で言えば、営業職は資金源の確保というテレビ局全体にとって最も重要であるといっても過言ではない仕事なのです。

ビデオエンジニア

ビデオエンジニアとは撮影に使用する機材のメンテナンスや調整、設定を行う仕事です。あまりなじみがなく地味な仕事であるかのように思えますが、実はテレビ番組を支えているのがこのビデオエンジニアなのです。

基本的に電気機材を取り扱う専門職であるため、それに応じた専門知識が必要となります。理系出身者がこの職に多いのはそれが理由であると考えられるでしょう。

また、ビデオエンジニアは番組収録中に何か不具合やトラブルがあった場合に迅速に対応することができる俊敏さが求められます。

基本的にテレビ番組の収録は時間が限られており、別日の収録のやり直しも基本的には不可能(タレントが売れっ子である分スケジュールの再調整が困難)であるため失敗が許されず、スタジオは緊張した空気感が漂います。

そこでぐずぐずしてしまっていると番組の収録に支障をきたしてしまうため、俊敏性にかける人は最初から雇ってもらえない可能性があるのです。

仕事えらびに迷ったら仕事のプロへの無料相談がおすすめ!

<おすすめ>【既卒就活の教科書】履歴書の書き方

履歴書は面接官があなたから印象を受ける最初の場です。この時の印象が良ければ、面接での評価をプラスでスタートさせる事ができます。

しかし履歴書で悪い印象を与えてしまうと面接での評価がマイナスからスタートしてしまいます。 選考通過率を高めるためには作戦を立てて効率的に動く必要があります

さて、企業や採用者サイドが履歴書を見るときは一体どんなところをチェックしているのでしょうか。

当たり前のことといえば当たり前ですが、まず一文字一文字が丁寧に書かれてているか、そして顔写真がビジネスの場にふさわしいものになっているか。

顔写真についてはもし剥がれてしまっても誰の写真かわかるように、履歴書に貼る前に写真の裏に氏名を書いておきましょう。

また履歴書自体が汚れていないか、書かれている字に誤字脱字がないか、全て黒いペンで書かれているかなどのポイントがあります。

中でも最も注意したいのが履歴書を使い回していないかどうかで、加えて日付も見られているポイントですので気をつけましょう。

このコラムでは以上のような履歴書作成における大切なポイントを履歴書のサンプル画像と共に解説しています。もっと読みたい方はコチラをCheck!


会員が受けられるサービス

各テレビ局により面接スタイルは異なる

テレビ局といってもいくつかの種類があり、各局により面接のスタイルは変わってきます

はじめに、フジテレビジョンやテレビ東京などのキー局と、読売テレビや毎日放送のような準キー局があります。
これらの局では、内定までに面接が最低5回は行われるのが一般的です。

一次面接は、履歴書やエントリーシートに書かれた内容をもとに行われます。
面接に受かれば二次、三次と進むことになりますが、面接以外にもディスカッションやディベートを行う局もあるので理解しておきましょう。

それから、NHKでは内定までの面接が3回または4回行われます。

希望する職種の上司が面接官になるケースがほとんどで、早くから1対1や1対2で面接を受けることになるでしょう。
NHKの一次面接は、談話を中心に行われることがよくあります。
ですが、その年により傾向が変わることもあるので、どんな質問をされても受け答えできるよう事前準備はしっかりしておくことです。

また、地方局に関しては地域を盛り上げることに注力するところも多くあります。
地方局を受ける場合、面接でその地域への思いをアピールすると、良い印象を残しやすくなるでしょう。
なお面接は内定までに3回程度行われるケースが多く、役員やプロデューサーが早い段階で面接官になることもあります。

あなたの就活を二人三脚で助ける無料サポート

面接で聞かれることとは?質問への対策をしよう

質問その1.好きな番組とその理由

テレビ局を受ける場合、面接で聞かれやすい質問がいくつかあります。

まずは、好きな番組とその理由がよく聞かれる質問です。この質問はどのジャンルを志望するのかを、チェックする目的で聞かれます。

回答の仕方としては、最初に好きなジャンルを述べ、現在・過去で特に気に入っている番組名をそれぞれ言いましょう。
その後は、2つの番組に共通するような内容で、好きな理由を伝えてください。

質問その2.どんな番組を作りたいか

次に、どんな番組を作りたいのかも、テレビ局の面接ではよく聞かれることです。この質問を通し、相手に発想力や熱意があるのかをチェックします。

面接で質問されたら相手がイメージしやすいよう、出演者を例に挙げながら作りたい番組を話します。そして、その番組はどんなターゲットに何を伝えられるのかを伝えましょう。

なお、1つだけ聞かれるとは限らないので、できれば複数考えておくようにしてください。

質問その3.やりたい仕事とその理由

また具体的にやりたい仕事や、それをやりたい理由も聞かれやすいので押さえておきましょう。ただしこの質問に答える場合、報道の仕事がやりたい人は注意が必要です。

そのわけは、報道といっても、テレビだけでなく新聞やラジオもあるからです。テレビでなければならない理由を、過去の自分の経験や調べたことをもとに相手が納得できるようしっかり話しましょう。

「自分に合った仕事は?」おまかせで仕事のプロに無料相談!_2

<おすすめ>不安な面接はもう嫌だ!既卒就職のための面接攻略五箇条

既卒の人が就職しようと活動を始めたときに大きな難関となるのが面接です。書類選考をようやく通過できても面接ですぐに落とされてしまい、就職活動を諦めてしまう人もいます。

そうならないようにするためにはしかるべき対策を練っておく必要があります。まず既卒者にとって面接対策は非常に大切な事柄です。というのも、既卒者の面接対策は他の学歴の人とその内容が異なるのです。

既卒者はまず間違いなく「学校を卒業してからの空白期間は一体何を過ごしていたのですか?」という質問を投げかけられます。これに対する応答で採用者側はその求職者がどんな信念の持ち主であるかを吟味、判断するのです。

したがって、たとえば俳優や声優、アーティストなどを志してそれを実現させるために時間を使っていたのなら全く問題はありません。説明の内容の濃さによっては好感すら持つことができるでしょう。

しかしなんとなく過ごしていたなどの回答をしてしまうとその時点で不採用の方向に一気に傾いてしまうため、そういった場合にはすべてを正直に答えすぎる必要はありません。

さて、このコラムでは既卒者が面接を通過するためのポイントを徹底解説しています。もっと読みたい方はこちらをCheck!


会員が受けられるサービス_2

テレビ局を目指すなら就職支援サイトの利用がおすすめ

既卒者で就職活動に慣れていない場合、どのように仕事を探せばいいのか悩むこともあるかもしれません。その場合、就職支援サイトを利用するのが良いやり方です。

就職支援サイトでは、テレビ局に限らず求人を幅広く取り扱っています。利用する場合、先に会員登録を済ませる必要がありますが、ほとんどのサイトでは無料で登録できるようになっています。

就職支援サイトは、時間や場所に関係なく求人探しができることが魅力です。仕事探しのために、外を出歩くのが面倒に感じる人もいるかもしれません。

就職支援サイトを使えばパソコン一台で仕事を探せるので、家にいながら就職活動を進めることができます。

なお、サイト内にある求人検索画面で気になるワードを打ち込めば、それに該当する求人が表示されるようになっています。そのため時間をかけることなく仕事を見つけられるでしょう。

そして、就職支援サイトでは就活アドバイザーが在籍するところが多くあります。就活アドバイザーは就職希望者からの質問に対し、わかりやすく答えてくれます。

就職活動を進める中、疑問に思うことがあればネットで調べることもあるでしょう。しかし、いくら調べても答えが見つからず不安が募ることもあるかもしれません。就活アドバイザーがいればどんなことでも気軽に聞けるので、不安に感じることは少なくなるでしょう。

また、就職支援サイトの多くは面接対策を行っています。面接で聞かれる質問がわかっていてもどのように受け答えすればいいのか、自分では思いつかないこともあるかもしれません。

就職支援サイトでは、その人にあった志望動機自己PRを考えてくれます。自分で質問の答えを考えられない人でも、就職支援サイトを使えばその悩みを解決できます。

内定獲得率90.1%_2

就職活動を成功させたいなら第二新卒エージェントneoを使ってみよう!

テレビ局に就職する場合、既卒だと採用対象になるのか不安になることもあるでしょう。テレビ局では、企画のためにさまざまな人材を求めているので、既卒でも問題なく働くことができます

面接では聞かれやすい質問があるので事前にチェックし、どのように受け答えすればいいのかきちんと考えておくようにしましょう。

また、就職活動になれていない人は仕事の探し方で迷うこともあるかもしれません。その場合、就職支援サイトを使うのが良い方法です。

私たち第二新卒エージェントneoではテレビ局はもちろん、さまざまな職種の求人を取り扱っています。パソコンさえ持っていれば自宅で空き時間を利用し、仕事を見つけることが可能です。

なお面接対策も行っているので、受け答えの仕方がわからない人は私たちが適切なアドバイスをします。テレビ局への就職を成功させたい既卒者は、第二新卒エージェントneoを利用してみてください。


正社員になりたい就職活動でこんな悩みを抱えていませんか

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ