就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

神戸で就職したい既卒の人が知っておきたい仕事の選び方をリサーチ!

既卒の人は就職したいという気持ちがあっても失敗するのではないかと思ってためらってしまいがちです。神戸での就職を考えている人はどのような対策を立てて仕事を選んだらよいのでしょうか。一般的に既卒の人は就職で不利と言われていますが、あくまで一面しか見ていないということを理解し、具体的な方策を立てられるようになりましょう。

不利になってしまう面を理解しよう

既卒とは大学や高校などを卒業するときに就活をしなかったり、内定をもらえなかったりして新卒として社会に出た経験がない人を指します。

このような状況の人が一般的に不利と言われているのはなぜなのでしょうか。端的に言ってしまえば、大半の人は就活をして社会人になっているのにその道を選ばなかったのはどうしてかと疑問に思われてしまうのが理由として大きなものです。

就活に失敗してしまったのであれば、能力的に不足している人材だから採用したくないと企業が考えるのももっともなことでしょう。

その後にいかに努力をしてきたかを見てくれる企業でなければ受け付けてくれないのも仕方ありません。しかし裏を返せばそれでも採用を前向きに検討してくれる企業はあるのです。

社会人になって働くのが怖くなって内定辞退をしてしまう人も増えています。責任の重圧に押し潰されてしまうような人や、ストレス耐性が低い人はやはり採用したくないという企業が多いのも確かです。

ただ、やはりその後に成長して社会人として働きたいと思うようになった理由を述べられれば採用を前向きに検討してくれる可能性は十分にあります。

また、家庭の事情により就活を諦めたり、内定辞退をしたりしたという人もいるでしょう。今になってようやく社会人として働けるようになったから頑張りたいという気持ちをアピールできればやはり興味を持ってくれる企業も多くなります。

このように新卒として社会人にならなかったような人を本当に採用して大丈夫なのかと懸念されてしまう問題は、理由を的確に説明できれば解決可能です。

ただ、もう一つの理由として能力面が欠けている可能性が高いと思われてしまうことも挙げられるので気をつけましょう。

同じ年齢で社会人として働いてきた人に比べると社会経験が少なく、ビジネスマナーなども体得できていないと考えられてしまいます。

アルバイトをしてきた人であっても職歴としては認めてもらえず、社会人として働いた経験はないと思われてしまうでしょう。

この点については今から取り返すことは難しいため、別の角度からポテンシャルが十分にあることを伝えられるようにするのが肝心です。その方針の立て方は仕事の選び方にも大きく影響します。

若いことを生かす方針を立てよう

一つの方針として考えられるのが若さを生かすというものです。学校を卒業してからまだ一年や二年しか経っていないというのであればまだ二十代前半、あるいは高卒の場合には十代ということもあるでしょう。

そのような若い人材は新卒と同様で、社内でしっかりと成長してくれれば良いというスタンスで採用してくれる企業がたくさんあります。

神戸でも中心街にある企業だけでなく、郊外でも幅広く受け入れ体制を整えている企業があるので決して不利ということはありません。

ただ、一歳でも若いことが重要になるのですぐにでも就活を始めることが大切です。どんな仕事をしたいのかを直ちに考えて、求人を探して応募するのが肝心と言えます。

しかし若ければ十分というわけではないので気をつけましょう。第二新卒として転職活動をしている人も神戸にはしばしばいます。

年齢的にはほとんど変わらないにもかかわらず、社会人経験を持っているので企業としてはより魅力的と思われる場合が多いのです。第二新卒の人に負けないためには少なくともビジネスマナーを身につけておくことが欠かせません

応募書類の書き方や面接での立ち振る舞いから判断されることが多いので、社会人として申し分ないような形を整えられるようにしておくのが大切です。

参考書で学んだりセミナーに参加したりして習得することができるので、自分なりに学びやすい方法を選んで体得しましょう。

不安な面接はもう嫌だ!既卒就職のための面接攻略五箇条

既卒の人が就職しようと活動を始めたときに大きな難関となるのが面接です。書類選考をようやく通過できても面接ですぐに落とされてしまい、就職活動を諦めてしまう人もいます。

そうならないようにするためにはしかるべき対策を練っておく必要があります。まず既卒者にとって面接対策は非常に大切な事柄です。というのも、既卒者の面接対策は他の学歴の人とその内容が異なるのです。

既卒者はまず間違いなく「学校を卒業してからの空白期間は一体何を過ごしていたのですか?」という質問を投げかけられます。これに対する応答で採用者側はその求職者がどんな信念の持ち主であるかを吟味、判断するのです。

したがって、たとえば俳優や声優、アーティストなどを志してそれを実現させるために時間を使っていたのなら全く問題はありません。説明の内容の濃さによっては好感すら持つことができるでしょう。

しかしなんとなく過ごしていたなどの回答をしてしまうとその時点で不採用の方向に一気に傾いてしまうため、そういった場合にはすべてを正直に答えすぎる必要はありません。

さて、このコラムでは既卒者が面接を通過するためのポイントを徹底解説しています。もっと読みたい方はこちらをCheck!

能力面を補って対策しよう

若さを生かすという方針で選べる仕事は実は限られていて、体力的な要求が大きいものや、技術や知識などがあまりなくてもできるものばかりになっています。

新卒と同じで総合職での採用になり、様々な部署を経験して適しているところを探せる場合も少なくありません。ただ、そのような手厚い待遇を準備している企業は人気が高く、求人が出てきてもすぐに優秀な人に勝ち取られてしまいます。

すぐにでも就職したいという場合にはなかなか求人が見つからなくて苦労することもあるでしょう。このような状況に陥らないためには能力面を補って、社会人として働いた経験がなくても魅力的な人材だと思ってもらえるようにするのが大切です。

そしてこの目的で有効なのが資格を取得する方法です。

例えば医療業界ではほとんどの職種が専門の医療資格を持っていないと仕事に従事できません。医療に興味を持っているなら関連する資格を取得するという方針を立てれば良く、人材も不足していることから引く手あまたになるでしょう。

IT業界でもエンジニアの募集がよく行われていますが、経験が全くなくても技術を身につけていれば良いというスタンスの求人がたくさんあります。

技術を持っていることを示す方法として資格を取得するのは良い方法で、検定を受けて合格しているだけでも魅力的な人材として見てもらえるようになります。

このように専門的な仕事に就きたいと思っている人は資格の取得によって能力面を強化した上で就活に挑むのが合理的でしょう。

エージェントに相談して支援を受けよう

やりたい仕事を選ぶのが就活をする上で最も大切なことです。神戸では多岐にわたる業種の企業が林立していて、募集されている職種もかなりの範囲をカバーしています。

その中からより良いものを選んで応募し、内定を勝ち取れるようにするためには私たちのようなエージェントに相談するのが合理的です。

エージェントは就職したいと思っている人たちを総合的にサポートするサービスをしています。特に私たちは若い人たちのサポートを重視しているので、学校を卒業してまだ何年も経っていないような人にはより良いサポートを提供できるでしょう。

どんな仕事があるのかを紹介することもできますが、今の状況では採用してもらえないような職種を選びたいという場合にも、この資格を取れば採用してくれるような企業があるといった情報も提供することができます

若い人を募集している企業を探して欲しいと考えている人にも適切な求人を紹介することが可能です。若さを生かしたいという人も、資格を取って専門的な仕事に取り組みたい人も、私たちと一緒にどんな仕事がベストかを考えていきましょう。

【既卒就活の教科書】自己分析の方法から書類作成、面接対策まで徹底解説

既卒就活においてまず初めに行うべきことは自己分析を行うことです。実際にアピールポイントを見つける際には、自分の人生を年代ごとでまとめましょう。

ここで気をつけなくてはならないのが、必ず紙に書き出すということです。一つでも多くの自分のアピールポイントを増やし、選考通過率を上げるためにも必ず紙に書いてまとめるということを行いましょう。

そして自分のこれまでの人生を振り返ったら、次は選考で使う要素を抜き出してアピールポイントに仕上げましょう。ここで気をつける点が、アピールポイントを一つに絞らないということです。

人間のいいところは一つだけに絞ることの方が難しく、企業の求める人物像も様々。そのため企業によって自分のアピールポイントを変えるのも選考通過率を上げる手の一つです。

履歴書は面接官があなたから印象を受ける最初の場です。この時の印象が良ければ、面接での評価をプラスでスタートさせる事ができます。

作成時は履歴書でいくつか見られているポイントがあるので、企業に好印象を与えるようにしっかり書きましょう。

さて、このコラムでは既卒の方が就活を始めて企業に応募し面接するまでのやり方を紹介しています。もっと読みたい方はコチラ!

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div