就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

環状線エリアで既卒が就職を勝ち取ることができるポイントとは?就活方法や注意点など公開

少子高齢化が進む日本において、かつてのように就職氷河期という時代はなかなか起きにくくなっています。とはいっても、非正規雇用の拡大によって正社員として就職するためのハードルは今なお高く、特に既卒者が好条件で就職を勝ち取ることは容易ではありません。そこで以下では、大阪でも人気の高い環状線エリアで既卒者が内定を得るために行うべきことを見ていくことにしましょう。

既卒者にもチャンスがあるということを理解すること

かつて就職難の時代には、一流大学を出ても大手企業から内定を獲得することが困難であり、ましてや既卒者となるとなおさらまともな職場を見つけるのは難しいという時代がありました。

しかしながら採用における学力偏重の傾向が是正され、かつ少子高齢化のために労働人口が慢性的に不足しつつあるなかにおいては新卒者以外の人材を重要な戦力として考える企業が増えてきており、そのため既卒者であっても採用してもらえるチャンスはかつてに比べて圧倒的に大きくなっているということができるでしょう。

また多くの企業では1990年代初めのバブル期に大量に新入社員を採用したものの、その後長らく続いた不景気によって採用を絞った結果50歳代以上の社員が最も多く、30歳代や40歳代が異常なほどに少なくなってしまっているという状態に陥ってしまっています。

そのような企業にとって社員の年齢構成を若返らせることができる20歳代の人材というのは、それだけで魅力のある存在であり、そのために積極的に若い人たちを採用しようとしている企業も増えてきています。

そのため、大学を卒業してしまっているからといって企業に就職することが困難であるという固定観念は抱くべきではなく、希望する企業には積極的にエントリーするという姿勢を持つことが重要です。

既卒者が企業にアピールできることとは?

かつてに比べて既卒者が就職するハードルが下がってきているとはいえ、新卒者との競争となった場合に採用されるためには、それなりに自分をアピールすることができなければなりません。

適切にアピールを行うためには企業が自分に対してどういったことを求めているかを知ることが重要であり、そこを間違えないようにする必要があります。

この点、企業が期待しているのは大きく分けると仕事に対する意欲、入社後の成長可能性、秘めているポテンシャルの3点です。

ときどき実務能力や社会人経験などをアピールしようとする人がいますが、企業としてはそういった点を重視しているわけでは必ずしもありません。

社会人としての経験があると、それに縛られて新たな職場に慣れるのに支障が生じる可能性もあるため、面接を受ける場合には、仮にあったとしても社会人経験をそれほど積極的にアピールする必要はありません。

まず一つ目の仕事に対する意欲が重視されるというのは、高いモチベーションを備えている人材であればあるほど、仕事を早くキャッチアップすることができますし、自分なりに考えて改善を加えることによって社内に対して好影響を及ぼすことができるためです。

そのため、面接などにおいてはいかに自分が面接先の企業で仕事をしたいかを熱く語る姿勢が重要となるでしょう。

二つ目の成長可能性と秘めているポテンシャルをアピールすることは容易ではありませんが、例えば学生時代に困難に直面した場合にそれをどのようにして克服し、それによって自分の能力がどのように向上したかを語って、困難を乗り越えて成長できる人材であるという点を面接官に強く印象付けるということが考えられます。

不安な面接はもう嫌だ!既卒就職のための面接攻略五箇条

既卒の人が就職しようと活動を始めたときに大きな難関となるのが面接です。書類選考をようやく通過できても面接ですぐに落とされてしまい、就職活動を諦めてしまう人もいます。

そうならないようにするためにはしかるべき対策を練っておく必要があります。まず既卒者にとって面接対策は非常に大切な事柄です。というのも、既卒者の面接対策は他の学歴の人とその内容が異なるのです。

既卒者はまず間違いなく「学校を卒業してからの空白期間は一体何を過ごしていたのですか?」という質問を投げかけられます。これに対する応答で採用者側はその求職者がどんな信念の持ち主であるかを吟味、判断するのです。

したがって、たとえば俳優や声優、アーティストなどを志してそれを実現させるために時間を使っていたのなら全く問題はありません。説明の内容の濃さによっては好感すら持つことができるでしょう。

しかしなんとなく過ごしていたなどの回答をしてしまうとその時点で不採用の方向に一気に傾いてしまうため、そういった場合にはすべてを正直に答えすぎる必要はありません。

さて、このコラムでは既卒者が面接を通過するためのポイントを徹底解説しています。もっと読みたい方はこちらをCheck!

既卒者の就職活動の方法とは?

大学をすでに卒業している人が就職活動をする方法は、基本的には新卒者の場合と同じです。しかしながら新卒向けの就労支援サービスや就労支援サイトなどとは、それ以外の人の利用を禁止しているところもあるため、必ずしもすべてが同じというわけではありません。

企業の募集に応募するための具体的な方法としては、求人サイトを利用しての応募、企業ホームページなどからの応募、エージェントやハローワークの利用といったものが考えられます。

このうち人材紹介というのは、採用活動を行っている企業からの依頼を受けて応募条件に合う人材を紹介する就労支援サービスのことをいいます。

これらのサービスの多くは募集職種や業界の経験がある人を対象にしていますが、最近では私たちのような既卒者などに特化した人材紹介サービスも増えていることから、そういったところを見つけて登録すると既卒者でも新卒者と同等か場合によってはそれ以上の手厚い就職支援サービスが得られるかもしれません。

既卒者・フリーターの履歴書は資格などで補おう

就職活動や転職活動において、必ずと言ってよいほど行う就職試験が書類面接です。書類面接では応募する企業に履歴書職務経歴書を送らなければなりません。

第一関門といっても過言ではない履歴書や職務経歴書を書くことは決して簡単なものではなく、最初はなんとなくでしか書けないものです。これをいかにしてコンプリートするかが就活において大切になってきます。

履歴書や職務経歴書ではある程度書くべき内容が決まっています。書き方の明確な規定はありませんが、最低限書くべき項目を抑えなければ役に立たなくなります。

困った場合には市販の履歴書や職務経歴書を購入したり私たちのような転職支援サイトなどを活用すると、採用に役立つ履歴書・職務経歴書を書くことができます

そして履歴書・職務経歴書に必ず書くべきことのひとつが学歴職歴で、自分のこれまでの経歴を丁寧に書いていくことになります。基本的な書き方というものがあるのでそれに準じて書いていくのがおすすめです。

学歴・職歴のほかにも、志望動機自己PRなどを書いていく項目が必ずと言ってよいほどあります。こちらの方が採用担当者の注目している可能性が高いため、採用につながるような資格や経験を積極的に書いていくことが重要です。

さて、このコラムでは主に既卒者に向けて履歴書の書き方をお伝えしています。続きはコチラ!

環状線エリアで就職するために注意すべき点とは?

では、大阪の中でもオフィス街が多く存在しており人気の職場にもなっている環状線沿線で仕事を見つけるためには、どういった点に注意すればよいのでしょうか。ここでまず理解しておくべきこととしては、エリアごとに強みを持つ就労支援エージェントが存在するという点です。

環状線エリアであればその地域で長らくサービス提供を行っており、地元の採用情報はもとより、企業が大学を卒業している人に対してどういった印象を持っているかという点まで幅広く情報を有しているエージェントが必ず存していているというわけです。

そのため、まずはそういったエージェントをインターネットの検索機能や卒業した大学の就労支援担当者などを通じて見つけるようにすると良いでしょう。

なお、登録するエージェントは一つに限定する必要はありません。なるべく複数のエージェントに登録して、それぞれの良い点を活用できるようにしておくのがおすすめです。

信頼できるエージェントを見つけることができたら、そこからはいよいよ社会人に向けた準備をスタートすることになります。

何といっても採用してもらえなければ話になりませんので、まずはエージェントの担当者としっかりと話し合って希望する勤務先のイメージを固めるとともに、自分がアピールできる点を整理しておくことがポイントです。

仕事へのモチベーションをアピールするためには、卒業してきてから今に至るまでの時間をどのように有効に利用してきたかをアピールできるように準備しておくと良いでしょう。

また、準備においては企業との面接対策を入念に行っておくことも大切です。

環状線エリアは大阪の中心地ということで、そこで働いている人たちは大阪の厳しいビジネスの世界に身をおいていることから、自信がなさそうに話したり曖昧な受け答えをしようものなら、それだけで評価を大きく下げられてしまいかねません。

そこで、明るくはきはきと自信をもったやり取りができるように、事前に準備をしておくことが不可欠となるのです。

さらに、大阪という土地柄からユーモアを交えて面接のやり取りを行うようにしておくと自らの評価をより高めることができるはずですので、そういった対策もしておくと万全です。

【体験談】既卒から就職を成功させた人はこんなにいます!

実はこんなにたくさんの方が正社員就職に成功しているのです。ぜひ体験談を読んで安心と勇気をもらいましょう!

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div