就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

中卒におすすめの転職方法4選!転職しやすい職種とは?【おすすめ求人アリ!】

転職や再就職へ向けた活動は、ただでさえ困難なものです。うまく転職できるかで、将来の安定へ直結すると言っても過言ではありません。

そこで中卒者の方が気になりがちなのが、自らの学歴についてではないでしょうか。

「高卒以上の求人は多いのに、学歴不問となると選択肢が狭まる・・・」

「中卒というだけで落とされてしまうのでは・・・」

このように、転職で大きな不安を抱えている中卒者の方は多いことと思います。そこで本記事では、中卒者の方が安定的に転職しやすい方法4選をご紹介いたします。

ぜひ、今後の転職活動の参考にしていただけましたら幸いです。

正社員になりたい就職活動でこんな悩みを抱えていませんか

中卒者は就職・転職ができるのか

中卒者だから就職や転職に不利になるのではないか、もしくはそもそも就職なんてできないのではないか、できるとしてもブラック企業しか雇ってくれないんじゃないかなど、中卒者の方にはさまざまな悩みや不安があることと思いますが、実際の就職・転職事情はどうなんでしょうか。

どうして中卒は就職が難しい傾向にあるのか

「学歴が中卒だけど、就職・転職はできるんだろうか・・・」
「中卒だから、企業に勤めることができても周りから区別されるのはないか・・・」
「中卒というだけで書類選考で落とされるのが怖い・・・」

上記のように、中卒者が就職を受ける際に気にすることのひとつが学歴です。そして中卒者の悩みの通り、特に新卒者の採用試験では学歴が重要視される傾向が大いにあります。

就職・転職市場において中卒という学歴は、一般的には日本において最低ランクと言っても過言ではありません。中卒という学歴が、なぜ就職において不利になるのかには理由があります。

企業側の中卒者に対するイメージ

まず企業側が中卒者と聞くと真っ先に気になるのは以下のような要素です。

・中学を卒業すると同時に就職をしたのか
・高校を中退したから中卒なのか

これらの他にも中卒になった具体的な理由も企業は気になります。そしてそれと並行して、中卒者と聞くと企業側が抱くイメージには以下のようなものが考えられます。

・「勉強が苦手、あるいは嫌いだったから中卒なのではないか」
・「努力を継続させることができない人なのではないか」
・「すぐに投げ出してしまう人なのではないか」

全員が全員このような理由ではないにもかかわらず中卒者に対してはこのようなネガティブなイメージが強いことから、中卒の人々はなかなか就職がうまくいかないことが少なくなく、難しいと言われているのです。

なぜ企業は学歴で採用を決める傾向があるのか

日本では法律によって学歴によって採用を判断してはならないということが規定されています。しかし、実際には書類選考や面接だけでその人の人柄や能力を判断しきることは難しいのです。

そのためそれまでに培ってきた知識量や頭の回転の速さなどの基礎的な部分おいては学歴を重視して採用を考える企業は多く、それは企業の規模が大きくなればなるほど高い傾向にあります

したがって実際には面接前(書類選考)の段階で学歴によって絞っている企業が多く存在するのです。

ということで、細かく言えば企業は学歴で採用を決めているのではなく、学歴で無数に存在する応募者を絞っている、ということになります。卒の人々は、これらの事情を考慮しつつ転職活動を続けていかなければなりません。

ちなみに転職のプロであるエージェントを利用すると、中卒で学歴に強みがない場合でも理想の職種に就くことが可能です。

中でも第二新卒エージェントneoは取引企業数約10000社、内定獲得率90.1%。親身な対応を心がける私たちが理想の転職の実現をお手伝いさせていただきます。


履歴書・職務経歴書で悩んだら_10000社

中卒・未経験でもOK!応募可能な仕事の見つけ方

中卒は就職に不利であるというふうによく言われることが多いですが、実際に不利に働いてしまう場合があるだけで、業界や求人をしっかりと選べば不利な就職活動を行う必要はありません。

また、中卒者でも職種によっては高収入を得ることも実は可能です。それ相応の努力はもちろん必要になりますが、近年では業界の人材不足などにより学歴に関わらず採用を行い、実力次第で稼げる仕事がたくさんあります。

ぜひ、中卒だから、高校中退だからと諦めずに正社員への就職を目指していきましょう。

「学歴不問」「経験不問」「未経験者歓迎」「未経験者OK」を狙おう

さて、仕事を探す際には求人誌や求人サイトを利用して求人をチェックするという人は多いことでしょう。

数ある求人情報のなかから、中卒の女性が応募できる仕事を効率良く見つけるためには、募集要項に「学歴不問」「経験不問」「未経験者歓迎」「未経験者OK」といった内容が掲載されているものをピックアップしていくことがポイントとなります。

「学歴不問」とは、応募にあたり学歴を一切問わないということです。学歴を問われることがなければ、中卒であっても大卒や高卒と同じように応募することができるようになります。

また「学歴不問」と応募要項に記載している企業は学歴以外の人柄や経験などを重視して選考を行うことが一般的です。

また「未経験者歓迎」や「未経験者OK」と記載する募集は、経験がなくても応募することができる仕事を表しています。

経験とは、社会人経験を意味していることもあれば、募集内容と同じ業界や同じ職種の仕事経験を指していることもあるため注意が必要です。

中卒女性が応募できる仕事や求人は社会人経験を問わない仕事が多くあります。

中卒も安心の転職活動の方法

通常、転職活動をするとなると、多くの人々が利用するものがハローワーク転職サイト、あるいは転職エージェントです。

このような転職活動の仕方は中卒の人たちにおいても同様であり、これらの媒体をうまく活用することが勧められます。

中卒の人々は、特に学歴という不利な部分があるからこそ、転職活動に詳しい専門家のアドバイスのもと進めていかなければなりません。

ハローワーク(公共職業安定所)


詳細動画はこちら

ハローワーク(公共職業安定所)というものは、公的な就職・転職活動を支援してくれる機関です。公的機関であることからも、安心できる就職先を紹介してくれることが多いです。

ハローワークを利用するメリットは、まず求人数が多い点が挙げられます。職種お種類も幅広く、それまでに聞いたこともなかったような業界や、それをきっかけに興味を抱くような仕事にも出会えるかもしれません。

また、ハローワークは求職者が無料で利用することができるのもまた魅力です。できるだけお金をかけずに転職活動を行いたいと考えている中卒者の方には大きな強みとなるでしょう。

なおハローワークには地元の求人がたくさんあるため、自宅の近くで働きたいと考えている中卒者に向いている求人が多くあるでしょう。

職業安定法によりハローワークは出来る限り住所を変更せずに就職・転職ができる求人を紹介する旨の定めがあるのがその理由です。

そしてハローワークでは職員に就職・転職についての相談をすることができ、就活のための対策を講じてもらうこともできます。転職に対して不安を抱いている中卒者には心強いサービスとなるでしょう。

ただしハロー枠を利用するにあたってのデメリットもあります。まずひとつは家の近所にハローワークがあるとは限らないという点です。自宅の近くにハローワークがない場合は多少の距離を移動する必要があります。

なお、ハローワークを無料で利用することができるのは求職者だけではありません。求人を出す企業側もまた無料でハローワークを利用することができるのです。

ではそれのどこがデメリットなのでしょうか。企業側が無料で求人を掲載できると言う事でハローワークには求人数がたくさんありますが、その分ハローワークによる企業そのもののチェックも細部まで行き渡りにくいのが現実であり、求人の中にブラック企業が含まれている可能性があるのです。

そのため、ハローワークを介して転職できた企業があったとしても、場合によってはブラック企業にあたってしまうことも否めませんので、ここもまたデメリットといえるでしょう。

転職サイト


詳細動画はこちら

転職サイトというものは、あらゆる企業の求人情報を集めて、転職活動をどのようにすべきかといった情報や業界情報を多く教えてくれるインターネットサイトのことです。

自分で希望にあう求人を条件づけて探すことができ、求人応募から面接の日程を決定するまでをサイト上で行えます。

自分のペースで就職活動を進めたい場合やできるだけ多くの企業の求人情報を知りたい場合には、転職サイトの使用が最適です。実際に多くの就職活動をする人が転職サイトを活用しています。

転職エージェント


詳細動画はこちら

そして、転職エージェントとは、転職サイトとは異なり、希望条件を聞いたうえで、転職エージェントがそれに適する求人を提案して、企業との橋渡しをしてくれます。

面接日時までの設定や面接対策なども、エージェントの担当者が丁寧に対応してくれるほか、非公開求人も扱うことがあるので非常に便利です

中卒という学歴のもと一人で転職活動をすることが不安な場合でも、寄り添って最適な情報を寄せてくれるので安心できる存在です。

例えば私たち第二新卒エージェントneoでは第二新卒者をはじめとした若者を対象にサービスを展開しております。

お一人お一人をプロの転職アドバイザーが担当させていただき、個人の希望条件や性格、適性に沿った求人をご紹介いたします。またその他履歴書の添削やアドバイス、本番さながらの面接対策、企業との交渉ごとも代行しています。

なお、第二新卒エージェントneoの強みはなんと言ってもアドバイザーの丁寧さと人柄のやわらかさ。「人見知りで対人が苦手・・・」という方にも高評価をいただいております。

ご相談からでもかまいません。私たちのサービスはすべて無料で就職、転職どちらにも対応しておりますので、一人での仕事探しでお悩みの方はぜひ利用を検討してみてください。


学歴関係なし!やる気を内定に繋げます

派遣・フリーターから正社員を目指す方法


詳細動画はこちら

さて、以上のように直接正社員としての転職を目指す方法もありますが、場合によっては正社員とは異なる形態から正社員への転職を目指す方法も有効であることがあります。

例えば派遣社員や契約社員、フリーターとして正社員になりたいと考えている企業に勤めるのです。

正社員と比べて他の勤務形態であれば業務上での責任が少ない分採用されやすいため、そこでスキルや経験を積み、一定期間を経てから正社員になりたい旨を上司に相談したり、昇格試験を受けて正社員への転職を果たすことができます。

就職・転職をしたい中卒者にしてほしいコト

自分を知ること

自己分析とはまさに「自分自身について調べて知ること」を指します。就職活動における自己分析では自分の性格、適性、得意なこと、苦手なこと、やりたいこと、やりたくないことなどを調べることができます。

「自己分析」と聞くとなにやら難しいものを想像してしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、これはいたって単純でわかりやすい作業です。

これは、たとえば行きたい高校や大学への進学の際に「学校でどんなことを勉強したいか」「入学後はどんな活動をしたいか」「自分の学力で受験に合格することができるか」などを考えて、受ける学校を選ぶこととまさに同じことなのです。

自分がどんな仕事をしたいか、どんな職場で働きたいかなどの希望や、自分にはどんなスキルや能力が備わっているか、どんな努力をこれまでにしてきたかなどを知ることによって応募先を決めることができるのです

ただし、就活においては企業に対して自分がその企業にどんな貢献ができるかをアピールする必要があります。「私はこの仕事がしたいからこの企業に入りたいんです」などという自己中心的な希望は社会では通用しません。

だからこそ客観的に自分の長所や短所、スキルや不得意なことを包括的に把握する必要があります。そしてそれを可能にしてくれるのが「自己分析」なのです。

したがって自己分析を行う理由は「自分の将来を決定する」ためなのであり、非常に大切な作業であるといえます。

そして、実際にアピールポイントを見つける際には自分の人生を年代ごとでまとめる方法がおすすめです。また、ここで気をつけなくてはならないのが必ず紙に書き出すということです。

頭の中で考えているだけでは考えは意外とうまくまとまらず、自分の意識している点にだけ目が行きがちになります。

たとえば、自分は粘り強い性格だからこの点をアピールしよう、と考えているひとは粘り強いというワードに繋がる事柄のみを意識してしまい、他の隠れたアピールポイントを見落としてしまっていたりするのです。

一つでも多くの自分のアピールポイントを増やし、選考通過率を上げるためにも必ず紙に書いてまとめるということを行いましょう。

さて、基本的な自己分析において考えるべきポイントは以下になります。これは就職活動を行う上で自分の仕事探しなどの指標となる重要な要素です。ぜひ最初におさえておきましょう。

*自分の長所と短所
*今までにどんな経験をしてきたか
*どんな経験やどんな人物に影響を受け、それが自分の行動にどのように反映してきたか
*将来の課題、目標

周りの人や機関に相談する

中卒者に限らず、就職や転職といった大きな決断を行おうとする場合には絶対に自分ひとりで抱え込まないようにしましょう

応募する業界や企業ひとつとっても、周りに相談してみることでいろんなことが見えてきます。「あの企業ではこういったことよりも今はこういったジャンルに力を入れているらしいから希望と違うかもしれない」などの思わぬ情報を得られることもあるかもしれません。

あるいは「その企業は君に合っていると思うよ!」と人に言ってもらうことでより自信をもって就活に臨めるでしょう。

他にも就職方法について、自分ひとりで進めていくしかないと思っていたところに就職エージェントの存在を教えてもらった、などの体験談もあります。ぜひ一人で背負い込まず、頼れるところは頼っていきましょう。


中卒の仕事選び

学歴差は消せるんです!中卒による転職の成功方法の全て

転職活動を行う際にまず真っ先に気になってしまうのが学歴のことです。近年では学歴社会が終わりを告げ即戦力が求められるようになってきていると言われていますが、実際のところ学歴重視の会社が多いのは事実です。

そのような中で中卒者が学歴によって生まれる差を埋めて転職活動を成功させるには、具体的に何をすれば良いのでしょうか?

まず皆さんは中卒と高卒での生涯賃金の差をご存知でしょうか。なんと近年では男女共に約2000万円もの差があると言われています。

この原因として挙げられるのは、同じ職場でも学歴によってスタート時の給料が異なってくることがあることと、学歴が上がるにつれていわゆる一流企業の中でも給料が良い、あるいは給料が上がりやすい仕事に就きやすいという点の二つになります。

他にも学歴によって就職や転職が可能な業界や職種が変わってくることも中卒者が知っておくべきポイントです。この点が不明瞭なまま転職活動を続けていると、採用で落とされ続けることになりかねません。

さて、このコラムでは他の学歴に比べたら決して有利ではない中卒者の転職を成功させるためのコツをご紹介しています。もっと読みたい方はこちらをCheck!

中卒が転職できる職種

中卒者は、転職が非常に難しい部類です。とくに専門職や事務職が多いホワイトカラーの仕事などは難しいでしょう

これらは、専門的な知識やある程度の学力が必要であると判断されていたり、イメージにそぐわないという理由から来ています。

しかし、中卒者でもなりやすい職というものもあります。そのひとつが、営業職です。営業職は日本において最も多い職種であり、かつ業界や業態に関係なく、深い知識を必要としない仕事でもあります。

体力的な自信とコミュニケーションが達者であることが求められるので、離職率も高く、すべての人に適していると言えないことが難点ではあります。

飲食サービス業も、中卒者であっても就職しやすい職です。厨房での調理や接客に配達という仕事が主なもので、こちらも深い知識は必要ありません。

さらに、2年以上調理業務を行えば調理師免許を獲得することもできるほか、キャリアアップもしやすいため人気があります。イメージとしても多いでしょうが建築業界の仕事も中卒者が多く活躍しています。

このほか、店舗で行われる販売や営業の仕事も当てはまります。近年注目を集めてきている仕事で言えば、介護業界の仕事が当てはまります。

介護施設や医療施設でヘルパーや看護助手、事務、雑務として働く場合、知識や学歴よりも、献身的な気配りややる気が求められるためです。

さらに、資格取得をすればキャリアアップがどんどん望むことができ、業界の規模も拡大しているため人気が高いです。

▶介護系の求人はこちら

おすすめ職種を深彫りして解説!

その1.営業職

営業職は中卒の人でも応募できる仕事として代表的で高いニーズがあります。

営業職は仕事において成果を上げ、それによってモチベーションを上げて働いていきたいという中卒者に向いているでしょう。
今までの仕事は単純作業でやりがいがなかった転職を考えている、といったケースでも営業職が有力候補です。

営業職は売り上げや契約獲得数などの数字で評価を受けることになります。
自分なりに工夫をして顧客を獲得したり、契約を手に入れたりすることができれば誰もが納得する成果になり、それに見合った評価を受けられるのです。

営業職の現場は成果主義なので学歴をネックに考える必要もなく、今までの職場では中卒という立場で肩身が狭い思いをしてきたという人も心配することはないでしょう。

学歴を問わずに成果を上げて企業に貢献した人が高い評価を受けて出世したり、昇給を受けられたりするのが一般的です。

若くて体力があり、誠実な人は特に営業職として求められているため、中卒の人はできるだけ若いうちに転職することを検討しましょう。

その2.接客業

接客業では多岐にわたる職場があるため興味に応じた業界を選べるでしょう。人とのコミュニケーションが好きな中卒者にとって楽しく仕事ができることが魅力です。

販売店ならスーパーやコンビニ、デパート、飲食店もファーストフードやカフェ、レストランや居酒屋など選べる職場多数あり、サービス業ならクリニックや美容サロンなどが挙げられるでしょう。

どの現場も基本的には中卒という学歴を気にする必要はありません。何年か働いた後で店長にする予定で採用してもらえることも多く、最初から店長候補として働ける場合もあるので魅力的です。

その3.介護業界

介護業界は高いニーズがあり、希望すればかなり高い確率で採用してもらえるのが特徴です。

高齢者に対するサービスになり、社会的にも人材が求められている業界なので、仕事を通して社会に貢献したいと思っている人に向いています。

介護業界では人材不足が著しくなっている影響もあり、未経験の人でもよく募集されています

安心して働き始められるように教育制度や研修制度も充実しているのも魅力でしょう。

女性の働き手が多いのも特徴ですが、男性の人材も重宝されています。
年齢的にも若い人が必要とされている現場が増えているので、中卒の人が早い段階で転職するのに適している業界です。

その4.ドライバー

タクシーの運転手や運送会社のトラックのドライバーも需要が高い仕事で、中卒の人でも普通運転免許を取っていれば働き始めることができます。

ドライバーの人材もかなり不足している現場が多く、福利厚生を充実させて人材獲得を目指しているのが魅力です。例えば、普通免許さえ持っていれば転職してから社費で必要な免許を取らせてくれるのが一般的です。

大型免許や第二種免許などを給料を受け取りながら取得できることに加え、その給与額も一定以上の金額を当面は保証してもらえることすらあります。

特にタクシーの運転手の場合には歩合制が基本なので給与保証によって最初のうちは安定して高い水準の給与を受け取れる仕組みになっているのが通例です。

勤務のリズムとして夜に働くケースが多いですが、日勤のみの待遇の求人もあります。自分なりのワークライフバランスを作り上げやすいという点でも魅力的な仕事でしょう。

その5.飲食業

飲食業は接客業とニアリーイコールですが、中卒者が最も正社員を狙いやすい仕事と言っても過言ではありません。

飲食業はその需要の多さから人手不足に陥っており、それに加えて能力があれば学歴は全く関係ない仕事のため、未経験の中卒者の方でも区別されることなく転職を狙うことができます。

また、飲食業の仕事はアルバイト経験があれば十分にアピールできるため、該当する方はまず飲食業を視野に入れるのもひとつでしょう。

ちなみに、飲食業は店舗勤務であれば基本的にホール業務とキッチン業務に分かれますが、正社員はそれ以外にも事務的な業務も含まれます。勤怠管理や金銭管理など、意外と地道な業務もあるのです。

他にも、正社員になるとアルバイト従業員の管理や教育なども業務に組み込まれますので、飲食業での正社員を目指すにあたってはその点を踏まえておきましょう。


仕事選び

中卒者が正社員になるために必要なコト

学歴があったとしても正社員として働くことは難しいものですが、中卒者は一度職を離れてしまうと学歴の関係から正社員として働くことが非常に難しくなります。ただしこれらを解決するためにはいくつかの方法があります。

まずひとつめが高校卒業程度の学力を持っていると認めてもらうことです。通信制高校高卒認定試験を受けて高卒程度の学力があると認めてもらうと、ある程度中卒であるというイメージが緩和されることもあります。

また、正社員でない雇用形態で働くことをワンクッションはさむという方法も有効です。派遣で働く場合、書類選考も面接試験もある程度ハードルが下がって仕事に就きやすくなります。

その後は正社員と同様の仕事をすることになり、実力を認められれば正社員へと昇格することも可能です。また派遣で一度働いていた経験があるとその経歴を認められて、正社員の採用へともつながる可能性もあります。

最終学歴が中卒の免許なし、就職に有利な資格とは?

家庭環境や友人関係などで仕方なく高校を中退しなければならなくなったりそもそも高校へ進学できないといった場合に、技術や運転などの免許を持たない中卒でも就職できる職業には一体どんな仕事があるのでしょうか。

まず中卒者の就職活動に関して有利にする資格は、どの業界や職種を狙うかで全く変わってきます。

例えば不動産業界で働きたいと考えた場合には「宅地建物取引士」の資格を取得していると有利に就活を進めることができます。

「資格を取得する」と聞くと大変なイメージを抱くかもしれませんが、この宅地建物取引士は受験資格の年齢や学歴のハードルが低く、なんと平成29年度には最高齢で89歳、最年少で13歳の合格者がいました。

また毎年およそ17万~20万人が受験しその内3万人前後の受験生が合格するので、16~17%の合格率は他の国家試験と比べて、割と高い方へ分類されるのではないでしょうか。

他にもこれまでに聞いたことのある資格から全く聞いたことのないような資格まで、中卒者が就職活動するにあたってチャレンジする業界の選択肢を広げたり、給与や待遇面でのハンデを埋められる資格を紹介します。もっと読みたい方はこちらをCheck!

【中卒でも安心】学歴不問の求人一覧

経験・学歴不問!人物重視!個人の目標を後押ししてくれる働きやすい営業職

<仕事内容>
ベンチャー企業に特化したオフィスの仲介営業に従事して頂きます。創業間もない企業を中心にご自身のお客様を開拓して頂きます。

具体的には・・・電話営業、DM、経営者交流会や紹介を駆使してベンチャー企業の経営者との接点を作っていきます。7名チームで動き、未来の優良企業を開拓して頂きます。仲介手数料はすべてお客様に決めていただきます。

<求める人物像>
◎将来成し遂げたい目標をお持ちの方
◎成長意欲・向上心の高い方
◎企業経営者との人脈を作りたい方

<給与(月給)>
240,000円~

<勤務地>
東京都

<勤務時間>
東京本社:09:00 〜 18:00

<休暇・福利厚生>
慶弔休暇◆年末年始◆夏季休暇◆有給休暇◆完全週休2日制(土・日)祝日◆有給休暇10日~20日

福利厚生多数!学歴不問で人気!応募しやすい営業アシスタントスタッフ

<仕事内容>
TECH::CAMPのプログラミングのカリキュラムをカスタマイズして、企業向けにテクノロジー人材を育てる研修事業を運営しています。

営業が取ってきた研修案件に対して、社内の講師(メンター)をアサインしたり、営業とお客様のサポートをするポジションの募集になります!

■具体的には・・・・企業研修の申込み手続き業務
・学習進捗の管理
・研修中の企業様のフォロー
・契約書回収や請求書の処理
・満足度調査
・メンター受け入れ体制の確認、調整業務

上記以外にも「これやりたいです!」という提案大歓迎です!

<求める人物像>
◎第二新卒歓迎

<給与(月給)>
223,729円~

<勤務地>
東京都

<勤務時間>
東京本社:09:00 〜 18:00

<休暇・福利厚生>
完全週休2日制(土日祝)◆慶弔休暇◆年末年始◆夏季休暇◆有給休暇◆産前産後休暇◆家賃補助3万円有(2駅圏内)◆昇給年2回(6月、12月)◆シャッフルランチ◆サプライズサンクス(特別報酬)◆社内部活動あり

提供施設や保育料も一部負担?人気、明治創業大手生命保険会社の営業職

<仕事内容>
・東京総合営業部は親密企業や新規マーケットを対象に、生命保険営業を行う部署です。弊社と親密な関係の企業や官公庁を対象に、生命保険営業を行います。

・新たなマーケット開拓を推進する重要なミッション があります。新たなマーケット開拓手法を取り入れた生命保険コンサルティングを、本社直轄のセクションとして展開していきます。

具体的には、、、
・生命保険の販売及び引受け
・企業、団体向け商品
・資産運用業務
・他社保険会社の業務の代理及び事務の代行など

<求める人物像>
◎第二新卒の方、既卒の方
◎お仕事に興味のある方

<給与(月給)>
240,000円~

<勤務地>
東京都

<勤務時間>
東京本社:09:00 〜 18:00

<休暇・福利厚生>
月給24万円(固定給)+業績手当/通勤交通費 ※当社規定に基づき支給。/各種社会保険制度完備(健康保険・厚生年金・雇用保険~1ヵ月目から適用)/

提携施設 (ラフォーレ倶楽部、他多数)/退職金制度 (勤続3年以上)/保育料一部補助制度(一定の要件あり)/勤務時間の短縮制度(一定の要件あり)/育児休職・介護休職/

完全週休2日制(土・日) 祝日/夏季休暇・年末年始休暇/有給休暇・半日休暇 記念日休暇・ボランティア休暇/産前・産後休暇 ※年間休日120日以上

人気!福利厚生が充実で働きやすい!老舗ボイラメーカーでのルート営業職

<仕事内容>
既にお取引のあるお客様を中心に営業をおこなっていただきます。

具体的には、、、
当社のボイラを購入していただいている施設やビルを定期的に訪問し、ボイラ及び付属機器の保守・メンテナンス、リニューアルの提案などをおこなっていただきます。目安として平均1日3~4件を訪問していただきます。

<求める人物像>
◎第二新卒・未経験の方
◎仕事の内容に興味がある方

<給与(月給)>
250,000円~333,000円

<勤務地>
東京都
大阪府

<勤務時間>
大坂事業所:09:00 〜 18:00

<休暇・福利厚生>
給与改定 年1回、通勤交通費支給、残業手当、住宅手当、家族手当、資格手当、財形貯蓄制度、社員持株制度、雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金、厚生年金基金、週休2日制(土 日祝※年数回の土曜出勤有り)、年間休日 122日、年末年始休暇、夏季休暇、GW休暇、有給休暇、慶弔休暇

決算賞与や報酬金もある!賞与は年2回!ビアードパパの店舗運営職を募集!

<仕事内容>
「ビアードパパ」の店長およびマネージャートレーナー候補

具体的には・・・・シュークリーム専門店「ビアードパパ」などのスイーツ店での製造・接客販売のお仕事です。入社後は、接客・製造からスタートし、慣れてきたら店舗運営に取り組んで頂きます。

既存の店長やマネージャー、教育担当者があなたの成長スピードに合わせて、 製造から接客販売、店舗運営について、じっくり教えていきますので未経験の方でも安心してチャレンジしてください。

<求める人物像>
◎年齢・経験・性別を問わずに前向きに取り組んでいる人、輝いている人
◎約5店舗を統括するアシスタントマネージャーやエリアを統括するマネージャー、海外勤務などのキャリアアップをしたい人
◎スタッフとの交流や「どうすればお店がより元気になるか」を考えるのが好きな人

<給与(月給)>
193,000円~

<勤務地>
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
愛知県
大阪府
兵庫県

<勤務時間>
都内の各店舗 ※実働8時間のシフト制:08:00 〜 23:00

<休暇・福利厚生>
昇給評価:年1回、賞与:年2回(6月、12月、1.5ヶ月分) ※その他決算賞与や報酬金制度あり、通勤手当(全額支給) 、時間外手当(規程あり) 、社宅手当(規定あり) 、単身赴任手当 、

赴任手当、慶弔休暇,、有給休暇、 育児休暇、 産前産後休暇、各種社会保険完備(健康・厚生年金・労災・雇用) 、出産・育児・介護休暇制度 、提携リゾートホテルあり 、制服貸与 /オフサイドミーティング(10月) ・テーマパークや社員運動会などを開催しています。

全社総会(3月) ・表彰式が行われ、成績優秀者には報酬金が支給されます。/財形貯蓄制度 、接客コンテストの開催(8月)

年間休日120日以上!社宅や保養所、資格費用負担もある施工管理職を募集

<仕事内容>
何もない更地から商業施設、空港、学校、スポーツ施設、鉄道関連をつくる際に、工事の全ての工程を取り仕切るという非常に大きな役割を行っていただきます!

具体的には、、、
設計、施工を総合的に監理していただきます。
工期の調整や進行管理をしていただきます。
設計・施工指針書の作成・説明、工事区分の調整、設計・施工内容の確認・監理などを調整・指導していただきます。

<求める人物像>
◎地図に残る仕事に関わってみたい方
◎未経験から”手に職”をつけたい方
◎将来的にマネジメントなどにも取り組んでみたい方

<給与>
256,000円~275,000円

<勤務地>
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県

<勤務時間>
各地営業所:09:00 〜 18:00

<休暇・福利厚生>
健康保険, 厚生年金, 雇用保険, 労災保険、年間休日日数120日、通勤手当、住宅手当、残業手当、社宅制度(単身)

◆資格取得支援制度 ◆全国各地保養所の優待利用 ◆KENスクール受講制度(費用会社負担) ◆定期健康診断制度(婦人科健診含)◆

キャリアアドバイザー制度 ◆正社員登用制度(※入社半年~1年間は契約社員スタート)、慶弔休暇、年末年始休暇、夏季休暇、有給休暇 土日祝休み(週休2日)

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div