第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

【既卒就活の教科書】自己PRの書き方

企業が既卒者採用において、自己PRのどの様なポイントを見ているのか、また、新卒の時と何が違うのかなど、選考のプラスになるポイントを書き方と共にまとめました。

自己PRを書く目的とは?

就職活動において、自己PRを書く目的は「自分を雇うメリット」「自分がどの様な人物なのか」を採用担当者に伝えるためです。企業は新人を採用し教育するために、決して安くはないコストをかけています。一般的には1,500万円とも言われております。そのため、将来的に採用や教育にかけたコストに見合った仕事をしてくれるであろう方を採用したいと考えているのです。ですので、自己PRでは単純に自分の好きなことや努力してきた事だけではなく、自分を雇うと利益になるということを理解してもらえる様な内容を盛り込まなくてはいけないのです。

また、この自己PRによって、社風にあっていそうか、長く働いてくれそうかなど、入社後の事も考えて判断をしています。どんなに利益を生み出してくれそうな方でも、会社で働く方や社風と合わずに辞められてしまっては仕方が有りません。ですので、自社にマッチしそうな人物像であるかも、自己PRの段階で判断されているのです。

既卒者の自己の作り方は?

  • 自己分析
  • 自己PRを作成する上で、自己分析は欠かせません。過去の経験をアピールポイントの根拠とする方法が一番相手に理解してもらやすいでの、自己PRには必ず過去の話を盛り込みましょう。そのためにも、今までの自分の経験や考えをしっかりとまとめ、どの様な質問が来ても答えられる様にしておきましょう。

    ▶詳しい自己分析のやり方
     

  • 企業研究
  • 2つ目は企業研究です。社風や方針など、こちらをしっかりと把握していないと、人物的にミスマッチであるといった理由で落ちてしまいます。しっかりと企業研究を行い、どの様な人物が求められるのかを調べた上で、自己PRを作成しましょう。ただ、気をつけなくてはならない点は、嘘をついてはいけない事です。まったく考えにもない事を自己PRとして書き、入社をしたとしても、働いている社員と上手く付き合えずに早期離職しては元も子もありません。自分がその企業でしっかりと働けるかまで考えて、企業分析と自己PRの作成をしましょう。

    ▶詳しい企業研究のやり方

作成の際に気をつける事

既卒ならではの気をつけるべきポイントとして、新卒と比較されるという点があります。そして、既卒となってから日が経てば立つほど、新卒と比較される度合いは強くなってしまいます。
新卒として既に社会にでている同年代に追いつくためには、より一層の努力をしなくてはいけません。逆に言えば、その差を取り返すためのヤル気と努力こそが、既卒ならではの自己PRの強みにもなるのです。既卒になった途端に書類選考が通らなくなったと感じている方は、新卒の時と自分の考え方がどの様に変わって、これからどの様に行動していくつもりなのかも書き入れてみましょう。ありがちなミスとして、新卒の時と同じやり方や内容で就活を続けてる方も多くいますが、社会人経験の無い既卒だからこその自己PRを作る事が、就職を成功させる一番の近道となるのです。

ポイントを抑えて自己PRを作成すれば内定はとれる!

既卒の自己PR作成の際には、ただ自分の強みを書くだけでなく、新卒に追いつき追い越すというヤル気と、自分を雇うことによるメリット、社風に合わせた人物感をしっかりと書き込みましょう。ポイントを抑えて自己PRを作成すれば、きっと内定まで近づくことができるでしょう。

おわりに、ブラック企業への就職/転職をしたくない方

私たち第二新卒エージェントneoは、本当の意味で安心できる企業をご紹介いたします。一度学校(中学や高校、大学)を卒業してしまうと、いわゆるネームバリューのある人気企業への就職は難しくなってしまいます。しかし、人気の企業に勤める事が、若手が安心して長く働ける事であるとは限らないのです。

私たちは、知名度にかかわらず、社員を大事にして安心して働ける求人をご紹介いたします。社風や環境、やりがいなど、働く上で本当に価値有る企業の求人をご紹介いたします。

20秒で終わる会員登録はコチラ