就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

【3分で読める】中卒の転職を有利にする全知識!おすすめ資格&職種を徹底調査!

学歴が重視されることが多い現代社会では、中卒での就職は厳しいというのが定説です。では転職についても同じことが言えるのでしょうか。中卒者の転職を取り巻く状況や、その中で転職を有利に進める方法について解説していきます。

他にもおすすめの資格や学歴不問の多い職種についてもリサーチします。正社員になりたい就職活動でこんな悩みを抱えていませんか

中卒での就職は経験やスキル次第で有利になる!

厚生労働省の調査によると、平成29年度中学新卒者の就職内定者数は539人で前年度よりも3.9%減少しています。ただし就職内定率は80.1%と、前年度より4.2%増加しました。

これは、中学新卒の求職者数が減少したのに対して求人数は増加したことが理由だと考えられます。数字だけを見ると中卒の就職状況は良くなっているように思えますが、高卒と比べた場合はどうでしょうか。

高校新卒者の29年度の就職内定率は99.3%です。これだけでも、高卒と比べて中卒の就職が難しいことがはっきりと分かります。さらに、求人数についても見てみましょう。高校新卒向けの求人数は、約43万3千人です。

対して中学新卒向けの求人数は約1,898人。求人倍率も中学新卒の方がやや高くなっています。これらの結果として、中卒での就職は高卒と比べてもやはり厳しいと言えそうです。

しかし、転職の場合は事情が異なります。なぜなら、中途採用では学歴よりも経験やスキル、人物像を評価するという企業が増えているためです。

つまり経験やスキルを積めば、転職成功の確率はグッとアップする可能性が十分にあります。

「自分に合った仕事は?」おまかせで仕事のプロに無料相談!

【おすすめ】学歴や職歴の差は消せる!中卒転職で企業に採用される方法を徹底リサーチ!

転職活動を行う際にまず真っ先に気になってしまうのが学歴のことです。近年では学歴社会が終わりを告げ即戦力が求められるようになってきていると言われていますが、実際のところ学歴重視の会社が多いのは事実です。

そのような中で中卒者が学歴によって生まれる差を埋めて転職活動を成功させるには、具体的に何をすれば良いのでしょうか?

まず皆さんは中卒と高卒での生涯賃金の差をご存知でしょうか。なんと近年では男女共に約2000万円もの差があると言われています。

この原因として挙げられるのは、同じ職場でも学歴によってスタート時の給料が異なってくることがあることと、学歴が上がるにつれていわゆる一流企業の中でも給料が良い、あるいは給料が上がりやすい仕事に就きやすいという点の二つになります。

他にも学歴によって就職や転職が可能な業界や職種が変わってくることも中卒者が知っておくべきポイントです。この点が不明瞭なまま転職活動を続けていると、採用で落とされ続けることになりかねません。

さて、このコラムでは他の学歴に比べたら決して有利ではない中卒者の転職を成功させるためのコツをご紹介しています。もっと読みたい方はこちらをCheck!

学歴不問の求人が多い職種とは

中卒でも採用のチャンスがある「学歴不問」の求人は、例えば肉体労働営業職、サービス業に多く見られます。これらに共通するのは、職場での経験やスキルがモノを言うこと。

学歴に自信が無くても、その職場での努力次第で収入・キャリアともにアップが見込めます。ここでは中卒者におすすめしたい職種についてご紹介していきます。

工事現場・建設現場

中卒が差別を受けやすい理由は「社会人としての常識が危うい」「今まで勉強の努力をしてこなかった」などの誤解があるからです。そのため、デスクワーク中心の仕事は中卒に対して採用率が厳しくなる傾向が見られます

中卒でものびのびと働きたいなら、体力勝負の職場に就職するのがおすすめです。工事現場や建設現場の社員、とび職といった仕事は学歴に関係なく受け入れてもらえるでしょう。そして、本人のがんばり次第でキャリアアップの道も見えてきます。

これらの仕事では2つの意味で「動ける」人間が重用されるため、若い人間にとって有利です。まず一つ目は「体力が十分にあり、重労働も難なくこなせる」人材です。

たとえば、体が弱くて休みがちだと現場に迷惑をかけてしまいます。きつい仕事があっても、翌日はきっちり現場に出てこられる人材は優遇されます。

そして「周囲の流れを見て的確にサポートできる」人材です。協調性があり、空気の読める人は学歴に関係なく信頼を得られるでしょう。

工場

学校の勉強が役に立つ場面がほとんどないという意味で、工場の仕事もおすすめです。

食品、自動車、精密機械など工場の職種もいろいろありますが、多くの現場で共通しているのは、学歴に関係なく「イチからマニュアルを学ばなくてはいけない」という点です。

商品ごとに製造過程は全く異なるため、すべての新人はまっさらな状態から働き始めます。どんなに高学歴の人も社会人経験が深い人も、新しい工場の現場では「知らない」状態からスタートするのです。

つまり、工場の仕事はすべての人間にとって公平です。「今まで何をしてきたか」よりも「これからどれだけ働けるか」が重要視されるでしょう。

また、仕事の進め方が高度にマニュアル化されている工場では、初心者でも早く仕事を覚えられるようなサポートが徹底しています。

就職したら、まずはマニュアルを完璧にこなせるように努力してみましょう。そのうえで「より作業を効率化するにはどうすればいいか」と考えられるようになればキャリアアップも見えてきます。

仕事えらびに迷ったら仕事のプロへの無料相談がおすすめ!

接客業・飲食業

アパレルやホテル、旅館といった「接客業」は中卒社員も比較的受け入れてくれる業種です。また、レストランや居酒屋などの「飲食業」も学歴をあまり気にしない傾向があります。

これらの業種が学歴差別を行わないのは「仕事に求められる知識が特殊」だからです。たとえば、アパレルで働くなら「服の知識」「コーディネートのセンス」「お客とのコミュニケーション能力」などが大切です。

そして、これらの能力はいずれも高校や大学で教えてくれることではありません。服飾の専門学校で勉強してきた人はさすがに有利ですが、それ以外なら大卒でも中卒でも同じ立場から仕事を始められます。

飲食業の厨房で習う技術は普通の高校や大学で学べるものではありません。どんなに学歴が高い人でも、飲食業に就職した時点でイチから仕事を教えてもらいます。

場合によっては、余計な知識がそなわっていない若い年代のほうが、飲み込みが早い可能性も出てきます。特殊な業界でノウハウを磨きたいなら、学歴を気にする必要はないでしょう。

営業職

マーケティングや市場分析などで高度な知識を要求される「営業職」は、学歴が重要な職種だと思っている人も多いでしょう。しかし、営業職では往々にして「考えるよりも行動」が優先される場面が出てきます。

そして、中卒や高卒であっても積極的に行動を起こせる人材を求めている会社は少なくありません

募集要項で「学歴不問」「未経験者歓迎」などの記載がある会社は、中卒を歓迎してくれる可能性が含まれています。営業職に興味がある人は応募してみましょう。

特に営業職は離職率が高い反面求人数も多い職種です。営業職ではコミュニケーション能力や商品に対する知識はもちろん、我慢強さや体力も時には問われます。

「勉強は苦手だったけど、体力やコミュニケーション能力には自信がある」「中卒で今より、そして周りより高い収入を得たい」そんなやる気のある人には、営業職への転職をおすすめします。

中卒が差別を受けにくい営業職としては「訪問販売」「ルートセールス」「不動産業界」などが挙げられます。

訪問販売やルートセールスでは、決められた地域でどれだけノルマを達成できるかが鍵です。資格や学歴よりも体力とトークスキルが勝負なので、中卒でも適性がある人はたくさんいるでしょう。

また、不動産業界は転職者や未経験者を積極的に採用する特徴があるため、学歴も大きなハンデにはなりません。経歴ではなく現在の実力を見てもらえる業界なのでやりがいが生まれるでしょう。

公務員

中卒で安定した職に就きたいと考えたとき、公務員は人気すぎず有力な選択肢になります。

公務試験の受験資格は年齢制限を設けている代わりに学歴は不問であるものが多いので、そういう意味では一般企業よりも採用される大きなチャンスがあると言えます。

また公務員であれば安定した月給を得ることができるメリットもあり、経験も不問であるため採用を狙いやすいです。

ただし、学歴は必要なくても試験のレベルは決して低くないため、かなりの学習を積まなくてはなりません。

ちなみに、公務員試験は上級・中級・初級、あるいは1類・2類・3類と分類されており、上から「大学卒業程度」「短大卒業程度」「高校卒業程度」の学力が求められます。

また、高校や大学の新卒者以外の社会人枠は定期的に募集をしているわけではなく、必要に応じて募集をかける方式になっています。

そのため、中卒で公務員採用にチャレンジする場合はチャンスを逃さないように常にしっかりと情報をチェックしておくことが大切です。

「自分に合った仕事は?」おまかせで仕事のプロに無料相談!_2

中卒も取得できるおすすめ資格

ネイリスト技能検定試験

中卒向けの求人では、特別な資格を求められることはあまりありません。しかし、資格を取得しておいたほうが就職・転職ともに有利なことは多いです。

例えばネイリストやエステティシャンなどの美容業界では、やはり専門学校卒などのスキルを持った人材が重宝されます。その中で採用を勝ち取るなら、なるべく資格を取っておいたほうが戦いやすくなるでしょう。

ネイリストとしての知識・技能を問われる「ネイリスト技能検定試験」は、義務教育を終えた人なら誰でも受験することができます。サロンで働くことが目標なら、まずは2級取得を目指しましょう。

宅地建物取引士

また中卒でも取得できる国家資格だと、例えば「宅地建物取引士(宅建士)」が人気です。これは不動産の取引契約に必須の資格で、取得している人材は不動産事務所や不動産管理会社などで活躍してるようです。

法律でも不動産を扱う事業所には5人に1人の割合で宅建士を置くことが義務付けられているため、業界内での需要も高まっています。難易度はやや高いですが、取得する価値は大いにあるはずです。

MOS(マイクロオフィススペシャリスト)

営業職に絞って転職を目指すなら、特に「MOS(マイクロオフィススペシャリスト)」の取得がおすすめです。

これは、エクセルやパワーポイント、ワードの技能を証明する資格で、取得すればパソコンを使えることをアピールできます。

顧客との交渉が主な仕事の営業職といえど、プレゼン資料や報告書の作成を求められることも珍しくありません。学歴よりもスキルを重視されやすい転職では、ぜひ資格取得で企業へのアピール力を高めたいところです。

高卒認定

先に述べた通り、中卒でも取得が可能な資格はいくつもあります。転職なら学歴はそれほど問わないという企業も増えており、中卒での転職はそう難しい話でもないようです。

ただし、高卒ならもっと転職がしやすくなるというのもまた事実。取得できる資格に関しても、高卒の方が数も幅も増えます。より良い職場へ楽に転職を目指すなら、まずは「高等学校卒業程度認定試験(高卒認定試験)」を受けてみてはいかがでしょうか。

この試験に合格すると高校卒業者同程度の学力があると認められます。過去に高校などで取得した単位があれば一部の科目が免除されることもあるので、高校を中退して中卒になった人には特におすすめです。


正社員になりたい就職活動でこんな悩みを抱えていませんか

【おすすめ】中卒でも就職に成功できる方法大公開!おすすめ職種や資格、面接対策の全貌とは

様々な事情から高校へ進学せずに、最終学歴が中卒だという方もいらっしゃることでしょう。こうした人たちは高卒者や大卒者と同じように就職することはできないのでしょうか。

まず中卒者が正社員として就職を目指すために専門の資格を習得することは有効です。専門の資格を持っていることで将来的にスキルアップやキャリアアップを目指すこともけっして夢ではなく、さらに仕事の幅を広げることができます。

そして中卒者の就職活動で大切なことは求人情報の収集です。昔からある方法は、新聞の求人欄を始め、市販されている有名な求人雑誌、新聞の折込求人チラシ、そしてハローワークなどを利用するのが一般的です。

ただしこれらのハローワーク以外の方法は自分ひとりで求人探しから応募、書類準備や面接対策までを行わなければならないため、就職活動に不慣れな人には苦労が伴うでしょう。

また、ハローワークについても求職者側が無料で利用できることに加えて求人を預けている企業側も無料で行えるため、ブラック企業がその中にある危険性があります。

さて、このコラムでは中卒の人が理想の就職を成功させるためのコツをお伝えしています。もっと読みたい方はコチラをCheck!

もし一人では転職活動の方法がイマイチわからないなどとお困りの方は転職エージェントの利用が非常に便利です。

転職エージェントとは、求職者に対して提携している企業の求人を紹介することを主なサービスとして展開している民間の就職支援サポートです。

例えば私たち第二新卒エージェントNEOでは第二新卒者をはじめとした若者を対象にサービスを展開しております。

お一人お一人をプロの転職アドバイザーが担当させていただき、個人の希望条件や性格、適性に沿った求人をご紹介いたします。またその他履歴書の添削やアドバイス、本番さながらの面接対策も行っています。

加えて面接後のフィードバック入社後のケア、個人では行いにくい企業との交渉ごとも第二新卒エージェントNEOではすべて代行しており、就活が非常にスムーズだったとのお声を多くいただいております。

なお、第二新卒エージェントNEOの強みはなんと言ってもアドバイザーの丁寧さと人柄のやわらかさ。「人見知りで対人が苦手・・・」という方にも高評価をいただいております。

ご相談からでもかまいません。私たちのサービスはすべて無料で就職、転職どちらにも対応しておりますので、一人での仕事探しでお悩みの方はぜひ利用を検討してみてください。

中卒でも転職は難しくない!転職活動はプロに相談して安心

学歴がないことで現状に甘んじていませんか?確かに中卒という肩書は、高卒や大卒よりも不利になることもよくあります。しかし、転職はそれまでの経験や取得してきたスキルが成功の大きなカギです。

今は何もないという人でも、これから努力すれば大丈夫!きっと実を結ぶ日がやってきます。しかし、転職活動の全てを個人で行うのはなかなか難しいものです。

そこで、困ったときにはぜひ私たち転職エージェントに相談してください。職場選びから内定後のサポートまで、就活アドバイザーがきめ細やかに対応して、あなたを採用に導きます。

【体験談】中卒から転職を成功させた人はこんなにいます!

実はこんなにたくさんの方が正社員転職に成功しています。ぜひ体験談を読んで安心と勇気をもらいましょう!

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ