第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

中卒の人が未経験の分野にチャレンジするなら「it系に転職」を考えよう

中卒で働いてきた人が未経験の分野にチャレンジしたいと考える場合があるでしょう。it業界はそのようなときに魅力的な分野です。これから就職先を探している人も挑戦できる分野なので、採用してもらうための対策を考えてみましょう。

it業界が中卒にとって魅力的なのはなぜか

it業界が中卒の人にとって魅力的なのは学歴による評価軸があまり重視されていないことに加え、「人材が不足していて若手の体力がある人を求めている」からです。it業界は他の業界に比べて新しいという影響で、全体として世界的にも新しい考え方が取り込まれて運営されています。
昔から日本では年功序列で学歴主義という面が強かったのは確かですが、これ対して欧米の影響を受けてだんだんと実力主義の考え方が広まってきています。しかしそれでも未だに年齢や学歴が重視されている面もあり、中卒の人が就職や転職を考えると年齢的な若さや学歴の低さが問題になってしまいがちです。

ところが、it業界では実力や将来性を重視した採用をする傾向が強く、中卒であってもきっと会社の役に立つ人材になると思えたら採用する方針を持っています。たとえ他の業界に転職しようとして失敗してきた人でも、it業界にチャレンジすれば採用してもらえる可能性があるのです。it業界は数ある業界の中でも成長が著しい業界なので、仕事をする上でも成果が高く評価されやすく、仕事に対してやりがいを感じやすいでしょう。転職を考えている場合には今までの仕事にやりがいを感じられなかったというケースも多々ありますので、そういった点でも問題を解決できる転職先になると期待できます。

さらに、能力を伸ばして成果を上げていけば学歴によらずに高い評価を受けることが可能です。年収で悩んでいる人は中卒には多いですが、it業界のエンジニアとして全力を尽くせば高卒や大卒の人に勝るとも劣らないほどに稼げるようになる可能性もあります。このような魅力があるからこそit業界にチャレンジする意味があるのです。

▶中卒でも関係ない!失敗で終わらせないための就職とは!?

高校に進学しなかった理由は必ず聞かれる

中卒の人がit業界で仕事を探すときには面接対策が重要になります。書類が通るかどうかについては会社側がどれだけ未経験の人材を獲得しなければならない状況になっているかに依存する部分が大きいため、数を出して何とか面接に漕ぎ着けられるように努力しましょう。その上で面接をいかに切り抜けるかが勝負どころです。

大抵のit系の企業ではポテンシャルがありそうな人ならとりあえず面接で会ってみてくれます。そこで好印象を与えられるかどうかで合否が決まると言っても過言ではありません。どんな質問があるかを想定して、どのようにして答えれば印象が良いかを考えておきましょう。
そして中卒の人がまず聞かれるのは高校に進学しなかった理由です。日本ではほとんどの人が義務教育を終えた後に高校に進学しています。大学への進学率も上がっているため、中卒はかなり少数派になっていて会社側としても興味を持つ点です。本音を答えて良いかどうかは人によって違いますが、基本的にはポジティブな内容で答えられるようにしておきましょう。

通常、面接の質問に対する回答では自己アピールを重視しつつ、相手の意図に答えられるようにするのが肝心です。進学しなかった理由が学校で勉強してもつまらないから、勉強よりもお金を稼ぎたいからというのではネガティブな印象を与えてしまいがちです。家庭の事情で働かざるを得なかったというのは構わないでしょう。プライベートの話なのでそれ以上は立ち入らないのがマナーなのでうまく質問をかわすことができます。しかし、可能であればポジティブに回答するのが得策です。「it業界で働きたいという意思を中学生の時点で強く願っていて、学校で勉強するよりも実際に社会に出て現場で訓練を受けていきたいと思ったからだ」というような話をした方が良いでしょう。

貪欲になって学ぶ意志の強さを示そう

ただ、「it系の企業で働きたいから高校に進学しなかった」と説明するだけでは会社としてはそれほど魅力が大きい人だとは捉えてくれないのも確かです。中卒の場合には確かに学校で学んできた内容も少なく、知識面において現場での不足が問題になるのではないかと懸念されがちです。専門的な教育も受けてきていないので、これから学ばなければならないことがとても多いでしょう。したがって「貪欲になって学ぶ意志が強い」ことをはっきりと示すことが重要になります。

ただし、教わるだけでなく自分でも独学するという気持ちをアピールしておかないと、言われたことしかできない人だと思われてしまいがちです。全て教えて下さいという話し方をするのではなく、現場で必要なことを教わりながら、自分なりの勉強をして新しい可能性を開拓していくというような論調にするのが効果的でしょう。色々な話の展開の仕方がありますが、志望先の会社がどんな体制で教育を行っているのかを踏まえ、どのような姿勢で学んでいくのが良いかを考えて説明するのが大切です。

仕事の経験はなくても独学してきたことをアピールしよう

どれだけ意志が強い人だったとしても、まだ会社としては採用しようという決断をすることはあまりないでしょう。言葉で説明するだけなら練習をすれば誰でもできます。会社が必要としているのは特にit系の企業では「実行力のある人」です。口が達者な人も必要ではないわけではありませんが、重要なのは開発を進めるために必死に行動を起こせる人材という場合がほとんどです。
it系での仕事の経験がない人でも、itに関して独学してきたことがあるならアピールしましょう。言われずとも就職のためにこれだけの行動を起こせるのだと伝えれば、しっかりとした実行力が備わっていると解釈してくれます。なぜそれを独学しようと思ったのかも説明できるようにしておくとさらに説得力が上がるでしょう。

面接対策で悩んだときには

it業界では中卒でも採用される可能性があるのは確かですが、面接対策も慎重に行わなければならないのは確かでしょう。悩みがあったらぜひ私たちに相談して下さい。私たちは第二新卒を主に扱っているエージェントです。学歴を問わず、中卒から大卒まで幅広く仕事を探している人のサポートをしています。it系の企業からの求人も豊富に抱えているので、興味に合っている仕事を紹介できるでしょう。またその企業がどんな人を求めているかも情報を集められるので、それに合わせた面接対策を考えることもできます。相手を知っていれば有利なのは確かで、これから独学を始めようとしている人も何を学んだら良いかがはっきりとするでしょう。
会社によって中卒でも良いと考えているかどうかは異なりますが、私たちが企業の方に様子を伺ってくるので採用する気がある会社にだけ応募することができます。it業界で仕事を無事手に入れられるように私たちと一緒に頑張りましょう。

▶中卒の転職は難しい?転職を有利にする資格とは

新分野への挑戦ならit業界を目指そう

今までとは異なる分野で働きたい、これから就職して働き始めたいというときには採用してもらえるかどうかが不安になりがちです。中卒の人でもあまり不利になることはないのがit業界のメリットなので、積極的に挑戦してみましょう。面接ではポジティブな発言を心がけ、貪欲に学ぶ姿勢を示すのが効果的です。その話の展開の仕方を私たちが伝授しますので、it業界にチャレンジしたいと思ったらぜひご相談下さい。

▶中卒の社長って本当にいるの?経歴は?

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ