第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

既卒でも大手企業に就職できる!採用されるために必要なポイントまとめ

既卒にとって、大手の求人は就職が難しい傾向にあります。なぜなら、大手の求人は人気が高いために、競争率が激化しやすいからです。ここでは、大手の求人が難しい理由と、既卒が採用されやすくなるポイントをまとめました。

なぜ、大手の求人は難しいのか

大手企業の求人は人気が高いため、新卒・既卒・中途にかかわらず競争率が高くなる傾向にあります。ではなぜそんなにも人気が高いのでしょうか。

理由には、「給料や福利厚生などの待遇が良い」「仕事の規模が大きくやりがいがありそう」「キャリアパスを実現しやすそう」「大手の安心感」などがあげられます。そのために応募する人が多く、結果として競争率が上がりやすくなってしまうのです。

倍率の高い求人では、書類選考の段階で落とされてしまうことも珍しくありません。このような求人で有利となるのは、有名大学出身・突出したスキルがあるなどといった人です。

逆に既卒にとって、大手のような倍率の高い求人は不利になりやすい傾向にあります。

▶【既卒就活の教科書】自分にあった求人の選び方

大手企業の求人で採用されるためには

では、大手企業の求人で採用率をあげるためには何をしたら良いのでしょうか。やはり大切なのは、企業の情報を集めてしっかりと分析することです。そのうえで、まずは書類選考を通過しなければなりません。

大手企業に採用されるのは、有名大学出身者の新卒が多い傾向にあります。ですが、そうではない大学から採用されたケースや既卒が採用されたケースもゼロではありません。

採用された理由は様々ですが、「ぜひ採用したい」と思わせる何かがあったという点では共通しています。企業が求めている人材像をしっかりつかんだうえで、自分のアピールポイントなどを伝える工夫をしましょう

▶【既卒就活の教科書】企業研究のやり方

【既卒就活の教科書】自己分析の方法から書類作成、面接対策まで徹底解説

既卒就活においてまず初めに行うべきことは自己分析を行うことです。実際にアピールポイントを見つける際には、自分の人生を年代ごとでまとめましょう。

ここで気をつけなくてはならないのが、必ず紙に書き出すということです。一つでも多くの自分のアピールポイントを増やし、選考通過率を上げるためにも必ず紙に書いてまとめるということを行いましょう。

そして自分のこれまでの人生を振り返ったら、次は選考で使う要素を抜き出してアピールポイントに仕上げましょう。ここで気をつける点が、アピールポイントを一つに絞らないということです。

人間のいいところは一つだけに絞ることの方が難しく、企業の求める人物像も様々。そのため企業によって自分のアピールポイントを変えるのも選考通過率を上げる手の一つです。

履歴書は面接官があなたから印象を受ける最初の場です。この時の印象が良ければ、面接での評価をプラスでスタートさせる事ができます。

作成時は履歴書でいくつか見られているポイントがあるので、企業に好印象を与えるようにしっかり書きましょう。

さて、このコラムでは既卒の方が就活を始めて企業に応募し面接するまでのやり方を紹介しています。もっと読みたい方はコチラ!

転職エージェントなども利用する

転職エージェントのサポートの中には、既卒向けのものもあります。こうしたサポートを利用するのも、採用率をあげる1つの方法です。主なメリットとしては、履歴書や面接などに必要なアドバイスをもらえたり企業の詳しい情報をもらえる点です

また、単純に自分の希望と合致した既卒向け求人を紹介してもらう方法も良いでしょう。自分では見つけられなかった求人に出会うことができるかもしれません。しかし、採用が不利になるデメリットもあるのです。

転職エージェント経由での応募者を採用した企業は、年収の3割前後を手数料としてエージェントへ支払わねばなりません。そのため、転職エージェントを経由しない同レベルの応募者がいると、不利になる傾向があります。

既卒者・フリーターの履歴書は資格などで補おう

就職活動や転職活動において、必ずと言ってよいほど行う就職試験が書類面接です。書類面接では応募する企業に履歴書職務経歴書を送らなければなりません。

第一関門といっても過言ではない履歴書や職務経歴書を書くことは決して簡単なものではなく、最初はなんとなくでしか書けないものです。これをいかにしてコンプリートするかが就活において大切になってきます。

履歴書や職務経歴書ではある程度書くべき内容が決まっています。書き方の明確な規定はありませんが、最低限書くべき項目を抑えなければ役に立たなくなります。

困った場合には市販の履歴書や職務経歴書を購入したり私たちのような転職支援サイトなどを活用すると、採用に役立つ履歴書・職務経歴書を書くことができます

そして履歴書・職務経歴書に必ず書くべきことのひとつが学歴職歴で、自分のこれまでの経歴を丁寧に書いていくことになります。基本的な書き方というものがあるのでそれに準じて書いていくのがおすすめです。

学歴・職歴のほかにも、志望動機自己PRなどを書いていく項目が必ずと言ってよいほどあります。こちらの方が採用担当者の注目している可能性が高いため、採用につながるような資格や経験を積極的に書いていくことが重要です。

さて、このコラムでは主に既卒者に向けて履歴書の書き方をお伝えしています。続きはコチラ!

まとめ

大手企業の求人が気になるあまり、「燃え尽き症候群」になってしまう既卒者も珍しくありません。大手にばかりこだわらず、中小企業にも目を向けてみてはどうでしょうか。案外希望に合致した求人が見つかるかもしれません。

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ