就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

本当に既卒は就職すべき?正社員のメリット徹底検証!生活を充実させるコツも

高校や大学を卒業してから定職につかずに生活していると何となく日々が過ぎ去ってしまうと感じる時もあるでしょう。どうしたらもっと生活を充実させられるのでしょうか。何が足りていないのかをこの機会によく考えてみましょう。正社員になりたい就職活動でこんな悩みを抱えていませんか

既卒者の現実

本気で打ち込めるものがないケースが多い

日々が何となく充実していない気がするのは、既卒の人の場合には珍しいことではありません。

時間を持て余してしまっている人もいれば、アルバイトに勤しんで日々を忙しく過ごしている人も、結婚して専業主婦や専業主夫として生活している人もいます。

就職しないで生活している理由は人によって異なり、状況によって現在足りていないものにも違いがあるでしょう。時間を持て余している人は何か本気になって打ち込めるものがないのが問題になっています。

仕事もしていなくて趣味もないとなると何もすることなく日々が過ぎ去ってしまうでしょう。

趣味があってもお金のかかる趣味で十分に楽しむことができない場合もあります。アルバイトをしている人は趣味のためにお金を稼ごうとしていることも多いでしょう。

あまりお金を稼げない

しかし、必死に働いているのにあまり稼げないのが不満になることがよくあります。

アルバイトの内容によっては十分に働かせてくれなくて稼げずに嘆かざるをえないこともあります。また、アルバイトの仕事に不服を感じている人もいるかもしれません。

長く同じ職場で働いているのにいつまでも小間使いばかりさせられていて、もっとやりがいのある業務を任せてくれたら良いのにと考える人も多いのです。

そして専業主婦になって家事や育児に専念していると、生活の中に楽しみを見出すのが難しくなってしまう人も大勢います。

家計のやりくりなどもパートナーに任せられてしまい、ちょっと遊びたくてもお金を使えないということも少なくありません。

子供がいると教育費も貯めておかなければならず、節約する生活を余儀なくされがちになります。

このように状況はそれぞれ異なりますが、お金があまりないことや本気で取り組めるものが身近にないのが悩みになりやすいのです。

内定獲得率90.1%

就職は正義か徹底解剖!正社員のメリット&デメリットとは

既卒者がなんとなく心のどこかで意識しがちなのが就職についてでしょう。自分は就職するべきなのか悩んでいる方もいらっしゃれば、就職という道を選ばなかったことに納得している方もいらっしゃるでしょう。

ここでは今一度正社員として生活していくうえでのメリットとデメリットをご紹介した上で、正社員に就職することによって既卒者の充実した環境を得られるかどうかについて検証していきます。

既卒者が正社員に就職するメリット

まず、正社員に就職することによって得られる経済的な恩恵にはかなりの差があります。アルバイトも一見十分に稼げるように見えますが、正社員には賞与(ボーナス)が存在します。

企業によっては年2回に分けて得られる場合もあり、例えば1回につき50万円入ってくるとしたらそれだけで100万円の差になります。

また正社員として働く場合とアルバイトを続ける場合では長期的に見た賃金に大きな差ができます。アルバイトは半永久的に大幅な昇給が見込めませんが、正社員の場合は昇給があります。

またそれは同じ企業に勤め続けた場合に限らず転職を行なった場合にも見られることで、ケースによってはそれまでの経験や知識、スキルを生かしてそもそもの賃金がより高い企業へ転職する方もいらっしゃいます。

したがって、正社員とアルバイト雇用では生涯規模で見た場合の賃金の差は見過ごすことができない額となるのです。説によっては正社員とアルバイト雇用の生涯賃金の差は約3倍にもなるといわれています。

さて、既卒者が正社員に就職するメリットは賃金に関してだけではありません。

アルバイトの場合は保険関係を自分で計算して修めるなど面倒な手続きを行なわなくてはなりませんが、企業に勤める正社員の場合にはそれが不要で企業が変わりに手続きを行なってくれます。

このメリットについては「そんなのどっちだってよくない?」と感じられるかもしれませんが、実際問題この手間の違いは感覚として大きいものです。正社員になる決定的なメリットは保険だ!と言い切る方もいるくらいなのです。

さて、他にも正社員に就職しておくと年齢を重ねた場合には体力をそこまで消費しない業務内容やポストに就くことが可能です。

しかし、アルバイト形態での働き方を続けていると、高齢になっても昇給のないまま若い頃と同じ体力を使う仕事を強いられることになり、最終的に体力が追いつかづに働けなくなったり、その前に大きな怪我をすることにつながります。

さて、そのように大きな怪我や病気など仕事を休まざるを得なくなった場合、アルバイトには基本的に有給休暇などという概念が存在しないため、仕事を休んだ分給料が入らないことになります。

そうなると医療費やその間の生活費がかかるにも関わらず収入が途絶え、生活はどんどん圧迫されていってしまいます。

その点正社員として働いている場合には有給休暇を使用することによってそのような圧迫は逃れることができます。

「自分に合った仕事は?」おまかせで仕事のプロに無料相談!

既卒者が正社員に就職するデメリット

さて、正社員には異常のようにメリットがたくさんありましたが、もちろんデメリットも存在します。アルバイトと比較するとよりわかりやすいですが、例えば休暇の少なさについてが挙げられます。

もちろん正社員にも休暇は存在しますが、アルバイト形態ほどに自由かつ多く取得できるわけではありません。

アルバイトは好きなタイミングに取得することが可能ですが、正社員は業務内容に対する責任も比較的大きいため、なかなか自分だけの都合で休暇を取得することはできません。

繁忙期など特に人手が足りなかったりする場合には、体調不良の場合を除いて、休暇はまず取れないでしょう。またその企業の社風によって特に休暇がとりにくいという場合も考えられます。

はっきりとブラック企業の兆候が見られる場合はもちろんのこと、「とにかく利益を上げろ」という空気感の強い社風の場合には、休暇をとってリフレッシュしようとする自分を空くに感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

その他、上記にも少し触れましたが正社員はアルバイトよりもよりその企業や職場の経営の根幹に遣い仕事をすることになるため、より業務に対する責任が強まります。

そういった業務への責任を毛嫌いして就職を躊躇している既卒の方もひょっとするといらっしゃるかもしれませんね。特に責任感の強すぎる方には重荷になってしまうかもしれません。


会員が受けられるサービス

既卒者のもやもやを打ち砕くには就職がおすすめ!

さて、以上のように正社員に就職することにはメリットとデメリットが存在しますが、メリットは主に賃金や生活の安定の側面、そしてデメリットは精神的な側面についてが挙げられました。

もし現在既卒者として生活している方の中で将来の生活を安定させたかったり、より高い賃金を稼いでもっと余裕のある暮らしをしたいとお考えの方がいらっしゃれば、その方は就職に向いているといえます。

ということで、そのような既卒の方はやりたい仕事を探して就職することに成功すれば、多くの既卒の人が抱いている悩みを解決することができるでしょう。

意欲的に取り組める仕事を見つけることができれば、趣味と同じように捉えて本気で取り組めるでしょう。仕事をすることで日々が充実するようになると考えられるのです。

また、アルバイトで苦労しているにもかかわらず稼げないと悩んでいる人も、正社員として働けばもっと稼げるようになります。

どんな仕事をするか、どの企業に就職するか、就職してからどれだけ成果を上げられるかによって給料も変化していきます。

それがモチベーションになってますます仕事に精が出るようになり、結果として稼ぐことができて生活も潤うでしょう。

アルバイトでやりがいのある仕事に従事できないのに不服を感じていた人も、正社員になれば任されるようになります。

業界によってはかなり若いうちから責任を求められる仕事をする経験を積めるので、このような不満を抱いてきた人は本気で仕事に取り組める機会を手に入れられて嬉しい気持ちになれるでしょう。

仕事をすればお金は稼げるため、家計のやりくりに苦労してきた専業主婦の人も負担を減らせます。仕事を通して日々も充実するようになり、楽しく人生を送れるようになると期待できます。

既卒の人が自分の生活が満ち足りていないと感じたら、就職をまずは検討してみましょう。

あなたの就活を二人三脚で助ける無料サポート

既卒は就職に不利ではない事実を知ろう

「やっぱり生活を充実させるためには就職するのが良さそうだ」と感じたり、もともとそう思っていたりした人もやはり難しいからやめようと思ってしまうことがよくあります。

既卒という枠で求人に応募することになるのは確かに有利なものではなく、やりたい仕事に従事することはできないと考えてしまう人が多いのです。

確かに新卒とは違う扱いを受けてしまいますが、必ずしも希望の仕事を選んで就職できないわけではありません。

既卒になっていた理由や既卒として過ごしてきた期間によって企業が受ける印象にも違いはあるのです。

加えてまだ20代で第二新卒と変わらないような年齢であれば十分に採用してくれる企業があり、かなり広い分野や職種を選択することが可能です。

現代社会では少子化によって若手の獲得が難しくなっているため、既卒であっても働きたいという若い人材がいれば採用したいと考える企業が多くなりました。

一昔前では既卒はなかなか就職できないというのは事実でしたが、今は既卒の人もやりたい仕事を探して就職することができるのです。

内定獲得率90.1%_2

プロに頼って就職先を検討しよう

希望の仕事を選べるとはいえ、既卒は採用しないと決めている企業もあるのは確かです。また、就職しないで良いと考えていた人が突然就職を思い立ってもどんな仕事を選んだら良いかと悩んでしまうでしょう。

そんなときには私たち『第二新卒エージェントNEO』が役に立ちます私たちはプロとして若い人たちに仕事の紹介をしています。

適性や興味を考えて楽しみつつ、やりがいを持って働ける仕事は何かを一緒に話しながら考えるのが私たちの仕事です。

大勢の既卒の人と話をしてきた経験があるため、こんな仕事はどうかと提案することもできます。

そして私たちはエージェントとして企業から求人を獲得してきているので、やりたい仕事が決まったら就職先を紹介することも可能です。

就職するにあたって履歴書や職務経歴書の準備も必要になりますが、その書き方の指導も行っています。その後に必要になる面接もサポートしているので、安心して就職活動に挑めるでしょう。

就職先がどうしても決まらずにやはり既卒のまま仕事をしないで過ごそうと決めてしまった人も、私たちと話をすればもう一度チャンスが巡ってくるかもしれません。

私たちは第二新卒を中心として、若い人を欲しがっている企業との強いつながりを持っています。他の方法では見つからない求人もあるからです。

若手の就職をサポートするプロとして真心をこめて対応しますので、ぜひ私たちに一度声をかけてもらえればと思います。

【既卒就活の教科書】履歴書の書き方

履歴書は面接官があなたから印象を受ける最初の場です。この時の印象が良ければ、面接での評価をプラスでスタートさせる事ができます。

しかし履歴書で悪い印象を与えてしまうと面接での評価がマイナスからスタートしてしまいます。 選考通過率を高めるためには作戦を立てて効率的に動く必要があります

さて、企業や採用者サイドが履歴書を見るときは一体どんなところをチェックしているのでしょうか。

当たり前のことといえば当たり前ですが、まず一文字一文字が丁寧に書かれてているか、そして顔写真がビジネスの場にふさわしいものになっているか。

顔写真についてはもし剥がれてしまっても誰の写真かわかるように、履歴書に貼る前に写真の裏に氏名を書いておきましょう。

また履歴書自体が汚れていないか、書かれている字に誤字脱字がないか、全て黒いペンで書かれているかなどのポイントがあります。

中でも最も注意したいのが履歴書を使い回していないかどうかで、加えて日付も見られているポイントですので気をつけましょう。

このコラムでは以上のような履歴書作成における大切なポイントを履歴書のサンプル画像と共に解説しています。もっと読みたい方はコチラをCheck!

【おすすめ】不安な面接はもう嫌だ!既卒就職のための面接攻略五箇条

既卒の人が就職しようと活動を始めたときに大きな難関となるのが面接です。書類選考をようやく通過できても面接ですぐに落とされてしまい、就職活動を諦めてしまう人もいます。

そうならないようにするためにはしかるべき対策を練っておく必要があります。まず既卒者にとって面接対策は非常に大切な事柄です。というのも、既卒者の面接対策は他の学歴の人とその内容が異なるのです。

既卒者はまず間違いなく「学校を卒業してからの空白期間は一体何を過ごしていたのですか?」という質問を投げかけられます。これに対する応答で採用者側はその求職者がどんな信念の持ち主であるかを吟味、判断するのです。

したがって、たとえば俳優や声優、アーティストなどを志してそれを実現させるために時間を使っていたのなら全く問題はありません。説明の内容の濃さによっては好感すら持つことができるでしょう。

しかしなんとなく過ごしていたなどの回答をしてしまうとその時点で不採用の方向に一気に傾いてしまうため、そういった場合にはすべてを正直に答えすぎる必要はありません。

さて、このコラムでは既卒者が面接を通過するためのポイントを徹底解説しています。もっと読みたい方はこちらをCheck!

日々の生活が充実しないなら就職しよう

何となく無為に日々を過ごしてしまっているのは既卒の人にはよくあることです。卒業してから就職しないで生活しているとお金も乏しくなり、自分が本気になって打ち込めるものも見つかりにくいからです。

生活に対して漠然とした不満を持ったら、まずは就職したらどうなるかを考えてみましょう。それで解決できそうなときにはぜひ私たちに相談して下さい。

私たちは若手を中心として就職支援を行うエージェントとして納得して働ける仕事を紹介し、就職して良かったと感じてもらえるように努めます。

就職したらどうなるのかわからない人も、私たちのカウンセリングを受けて検討してみましょう。現在、大勢の既卒の人が私たちに相談に来てくれています。

どんな悩みを持っているかも私たちはよく理解していますし、就職しないという結論になっても私たちは仕事をすることを強要はしません。

まずは就職とはどんなものかを知り、自分の不満を解決できるかどうかを考えてみましょう。


既卒で満足のいく年収を実現したい方は就職・転職の検討を

【体験談】既卒から就職を成功させた人はこんなにいます!

実はこんなにたくさんの方が正社員への就職に成功しています。ぜひ体験談を読んで安心と勇気をもらいましょう!

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ