就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

フリーター女性は結婚できない!?就職しないと後悔する理由とは?

「将来結婚、出産して仕事をやめたりパートを始めることを考えたら、正社員になるよりフリーターのままでいいかも」こんな風にお考えの女性フリーターの方はいらっしゃいませんか?

皆さんはこのコラムにたどり着いて本当にラッキーだと思います。確かに正社員になってそんなに日が経たないうちに企業を退職するのも、周りに迷惑がかかるかもしれないし気が引けるものでしょう。

しかし、実は結婚したり出産したい女性こそ、フリーターを脱却して正社員に就職をするべきなのです。

このコラムでは結婚したい女性フリーターの方がなぜ正社員に就職すると得なのか、なぜフリーターのままだとキケンなのかをお伝えしていきます。

内定獲得率 90.1%の第二新卒エージェント

女性フリーターは超キケン!?正社員に就職すべき理由9選

そもそもフリーターと正社員では収入や待遇が違いすぎる

男性、女性に関わらず、フリーターと正社員ではさまざまな差が存在します。まずひとつ目は「生涯賃金」です。

一般的にフリーターの生涯賃金が約9千万円であるのに対し、正社員の場合は約2~3億円であると言われています。

以下ではフリーターを非正規雇用者、正社員を正規雇用者として、女性に限定してその驚くべき賃金格差を示しています。

これを見ると、現在フリーターとして生活している女性の皆さんはかなり驚かれるのではないでしょうか。

<女性>

*正規雇用・・・1億3052万8400円
*非正規雇用・・・7692万7800円

(平成27年賃金構造基本統計調査における23~59歳の賃金を加算算出)

正社員とフリーターでは働き方次第で月ごとの手取りにさほど差がないはずなのに、なぜここまでの生涯賃金の格差が生じてしまうのでしょうか。

まずフリーターの方が忘れてしまいがちな要素として、正社員は本来の給料から保険料や年金を天引きされた額を手取りとして受け取っているのであって、実際の給料はフリーターよりも正社員の方がはるかに多いのです。

したがって正社員として働いている人は男性、女性に関わらず、退職時にフリーターが得ることのできない退職金の受け取りが可能になることに加えて年金の受け取りが開始され、定年後も収入が見込めて安定した生活を送ることができるでしょう。

また正社員には昇給があったり、年功序列意識のある企業では役職手当などを受け取れるケースもあるため、年齢と共に経験を重ねるごとにどんどん給料がUPしていく傾向にあります。

それにひきかえフリーターの場合は基本的に何年働こうとどれだけ結果をだそうと大幅な給料UPは見込めず、永遠に同じ金額の給料で働き続けざるを得ないケースが多いです。

これは基本的にたいていのアルバイト業が責任能力をほぼ必要としない内容であるからにほかなりません。

「それなら年を取っても働き続ければいいじゃないか!」とお考えの女性フリーターの方もいらっしゃるかもしれません。

しかし60歳を過ぎて若い人と同じような業務内容をこなすことがどれだけ過酷か、コンビニに勤めていらっしゃるご年配の方などを見ていればなんとなく想像がつくかと思います。フリーターの仕事は体力が必要であるなど意外と大変なのです。

また、正社員はフリーターと違い基本的には福利厚生によりボーナスや残業手当を保障されているなどの利点があります。結婚のためにお金をためるには好都合だと思う方も多いでしょう。

中にはその企業が提携している店でサービスを割安で受けられるケースもあります。このように、正社員とフリーターとでは男性女性に関わらず大変大きな差が存在するのです。

相手の親が反対する可能性が高い

また、フリーターの女性が結婚できなくなるリスクが高い理由のひとつに、相手の親に反対される可能性が高いことが挙げられます。結婚相手はフリーターという働き方を理解してくれていても、その親は反対するケースが多いのです。

ではなぜフリーター女性が相手の親に結婚を反対される可能性が高いのか。親の立場に立つと「結婚=今後子供が生まれる」と思う場合が多いのです。

子度を産むということは、子供の出産だけでなく子育てや教育に多額のお金がかかるのであり、それを親の立場に立っている人は全員痛いほどわかっているのです。

だからこそ、結婚して子供を産む可能性があるにも関わらずフリーター女性が妻になれば子育てにかかる十分な金銭を用意できないことになり、親にとっては大きな不安要素となるのです。

特に女性は結婚後子供を妊娠してから子供がある程度大きくなるまで面倒を見るという文化が日本には色濃く残っています。特に正社員と旦那さんがいるのであればひとしおです。

女性側が結婚後に正社員として働く意思があるのであればまだイメージは違うと思いますが、結婚後も夫婦二人三脚で経済面を豊かにしていこうという姿勢の見られないフリーター女性の印象が良いとはいえません。

また、相手の男性の家庭が堅い傾向にある場合には、「確固とした理由がないままフリーターでいる女性であれば、うちの息子のお金を目当てにしているかもしれない!」などと極端な想像をしてしまう場合も残念ながらあります。

そういった場合には結婚できるように許可をくれるよう説得することにずいぶんと骨が折れることでしょう。

とにかく、今後正社員として就職をして結婚生活のために頑張っていきたい!という意思の見えないフリーター女性は、相手の男性の親に結婚を反対されるリスクが色濃くあると考えておきましょう。

基本的に若い男性はフリーター女性を十分養いづらい

「将来結婚して相手の旦那さんに養ってもらうから大丈夫!」と思う女性フリーターの方も意外と多いでしょう。

しかし一般的な若い20代男性の月収はだいたい20万円~30万円ほどで、実は相手の女性を養う余裕があまりないケースが多いのです。

したがって結婚したてのタイミングは夫婦共働きで生活をしていく方が、はるかに安定して幸せな新婚生活を営みやすいと考えられます。結婚したいフリーター女性に注意してほしいポイントです。

イマドキは経済力のない女性は結婚を避けられる

「みんな結婚してるし自分もいつかは結婚できるよね、大丈夫大丈夫!」と思うまま時が経過している女性フリーターの皆さん。その「結婚できるだろう」という考え、実は非常に危険なのです。

というのも、上記でも説明したように20代の男性には女性を十分に養う余裕のある方は少ないため、現在フリーターとして働いていて今後も正社員に就職する気のない女性とは、結婚を避けようとする傾向にあるのです。

やはり一緒に働いて生活費を稼ごうとしてくれる意欲のある女性の方が男性としては助かりますし、何よりその方が人間として魅力的に感じるものではないでしょうか。

「今後子育てが待ってるんだから生活費を稼いでくるくらい当たり前でしょ!」という考えを女性が最初から前面に押し出してしまうと、いろんな意味で結婚から遠のいてしまうでしょう。

フリーター女性はお金にルーズだと思う男性は多い

さて、結婚生活が上手くいくかどうかは経済面の安定性も間違いなく関係してきます。だからこそ、男性の側だけでなく相手のフリーター女性の方にもしっかりとした金銭感覚を求める男性は少なくありません。

しかし、(特別な理由なしに)フリーターであるという理由で「だらしないのではないか」「金銭感覚がルーズなのではないか」と思う男性は意外と多いのです。

特に正社員としてバリバリ仕事をしている男性であればより一層その傾向が強いかもしれません。

何か夢を追いかけていたり家庭の事情でフルタイムでの働き方が難しいフリーター女性の場合はもちろん理解を得やすいでしょう。結婚も遠のかないかもしれません。

しかし、「結婚してしばらくしたら子育てとかで仕事辞めるし、それならこのタイミングで結婚しなくても・・・」といったネガティブな理由でフリーターを続けている場合、相手の男性は意外と気づくものです。

そういったフリーター女性はそもそも正社員の男性と恋愛関係になれるかも危ういです。ただでさえフリーター女性は稼ぎのある正社員男性と知り合える機会が少ないにも関わらず、そういった理由で避けられてしまってはもったいないことこの上ありません。

結婚したいとお考えのフリーター女性の方はぜひ正社員として就職することを考えることをおすすめします。結婚したいと思う人はたくさんいます。だからこそいライバルをしのぐ魅力を自分に養っていきましょう。

結婚→出産までは意外と長い。稼げるはずのお金を失うかも

さて、冒頭でも少し触れましたが「結婚後出産を考えている女性の場合はいずれ退職することになるなら正社員になるよりもフリーターのままでいる方がいろいろとスムーズなのではないか」と思う方もいらっしゃることと思います。

しかし、個人差はあると思いますが結婚後出産に至るまでは意外と長い期間が発生することが多いです。

ある国内調査によると24歳以下と25~29歳のグループでは平均約2年との結果が出ており、もし女性が23歳から正社員として働きその後29歳で妊娠したとしたら、約6年間も正社員としての稼ぎを獲得することができるわけです。

女性はこの間にフリーターとして生活をするよりも正社員として生活した方が収入、社会経験共に大きなものを得ることができるしすごい効率的じゃないか!と思うのは全員一致するでしょう。

「ほんとだ!フリーターでいるのがちょっと不安になってきた・・・」という方はぜひ就職について検討してみましょう。男性、女性問わずアルバイト経験を活かすのも良いですし、未経験からでも正社員の求人は多く存在します。

ただフリーターから正社員に就職するにあたって、自分にはどんな仕事が合っているのか分からないといった女性にはぜひエージェントを利用することをおすすめします。

エージェントでは専門のアドバイザーがお一人お一人の希望や性格に合った仕事選びをプロの観点から行い、求人をご提案します。エージェントによっては、ご希望次第で女性のアドバイザーでお願いすることもできるでしょう。

求職者は無料でサービスをすべて受けられるため、一人での就活に不安を感じている方は必見のサービスです。

特に弊社のサービスはフリーターの方をはじめとして20代の若い方を専門に就職・転職のサポートをさせていただいていますので是非チェックしてみてください。

現在フリーターの女性の就活にまつわる結婚後の不安のご相談にもお応えしています。

正社員としての職歴があるかによってその後が変わる

また子育てを終えたあとに正社員として働き出したいという女性も多いですが、その場合は過去にフリーターではなく正社員として働いていた女性は就職できる確率が高いです。

しかし一方でフリーターとしてアルバイトしかしてこなかった女性は「職歴なし」という扱いになりますので、なかなか雇ってもらえないケースが多いのです。男性、女性を問わず年齢的にもシビアになります。

しかも正社員になるには、やはり企業側がその後のキャリア形成に時間を要することを見据えて若い人を優先的に求める傾向があるため、年齢を重ねた後ではより一層正社員になることが難しくなってしまいます。

将来子供を習い事へ通わせたりするための余裕ができる

今後結婚したいというフリーター女性の中には、将来子供を産みたいという方も多くいらっしゃることでしょう。中には子供を塾や習い事に通わせたいと思う女性もいらっしゃるかと思います。

文部科学省をはじめとする国の調査によると、子供を幼稚園から大学まで通わせるのにかかるお金は、最もコストの低い全て公立に通わせるケースでも約1,000万円かかります。

最もコストの高い全て私立に通わせてなおかつ理系大学に進学させるケースでは、なんと2,500万円もかかります。

ということは、塾や習い事に通わせるにはこの1,000万円~2,500万円のほかに更にお金を用意する必要があるのです。

したがってフリーターではなく結婚する前から正社員として働き、結婚後も妊娠するまで働き続けて貯蓄を旦那さんと一緒に積み重ねていくことが、生まれてくる子供のために経済的な面では一番良い方法であると考えられます。

結婚できなかった場合に一番困るのは自分

将来結婚したいと考えているフリーター女性の皆さん、不謹慎なことを言ってしまうことになるかもしれませんが、誰でも必ず結婚できるとは限りません。タイミングや向き不向きもあるでしょう。

「将来は結婚して旦那さんに養ってもらって私はフリーターから専業主婦に移行してやっていこう!」と考えてフリーターを続けている女性の方はいらっしゃるでしょうか。

そういう方はもし結婚できなかったり将来離婚してしまったりしたら、今まで述べたことを踏まえるとこの先どうなってしまうでしょうか。正社員になるチャンスをみすみす逃してしまうことのリスクを今一度考えてみましょう。

また職業にもよるかもしれませんが、正社員として企業内で結婚相手を探す方が、将来の生活に繋がりやすかったり理想の相手に出会える可能性が広がるとも考えられます。

男性サイドからしても、フリーターの女性よりも正社員としてバリバリ働いている女性の方が安心感を覚えやすいかもしれません。

ちなみに、中には婚活パーティーに参加したいと考えているフリーター女性もいらっしゃるかもしれませんが、こういった場においてはより一層男性が女性を能力で見る傾向が強まります。

ということは自己紹介のときに職業を「フリーターです」と言うよりも「正社員です」と言えた方が強みになりますよね。このようにさまざまな点を考慮した上で、正社員には魅力が非常に多く存在するのです。

離婚したあと働き口がなくなる

これもまた不謹慎な内容になってしまいますが、結婚をするということはその分離婚のリスクも背負うことになります。

もし万が一離婚した場合、その段階で就業経験(正社員として働いた経験)がなければ、基本的にフリーターとして働いていくしかなくなる可能性が高いことを覚えておきましょう。

離婚したのが20代の間であればまだ可能性は考えられますが、30歳を過ぎると未経験者は途端に就職するのが難しくなると言われています。

ただしこれは絶対ではなく、それまでお世話になっていた職場での正社員雇用も可能性としてはありますが、契約社員にまでしか上げてもらえずになかなか就職できないという方も決して少なくありません。

ただ、これについては単に独身として生活していくのであればギリギリなんとかなる程度で、切り詰めた生活をしていけば生きてはいけます。

しかし最も重要なのはそこではありません。問題は自分が離婚後に子供を引き取った場合です。

フリーターの稼ぎは年齢や経験に伴って上がっていくということがほぼありません。仮に昇給制度があったとしてもそれはほんの少しだけ。時給が少し上がっただけでは正社員の昇給との差を埋めることは出来ないのです。

そんな中で子供を育てようとするならば生活は困難を極めます。フリーターのシングルマザーが子供を育てるためには、アルバイトを掛け持ちしてもなお、経済的に間に合わないでしょう。

そうなれば生活費を用意することに必死になってしまい、自由に使えるお金も時間も削られていく一方です。教育に気を遣うことすら難しくなってしまい、場合によっては育児放棄をしたくなる可能性も考えられます。

もし子供を産んでしっかりと育てたいという意識があるのであれば、できるだけ若いうちに職歴をつけて、安心して子供を育てられるような環境を今のうちに用意しておくのが得策であるといえます。


フリーターから高収入・安定がほしいなら

フリーターにはデメリットが多い

フリーターは自由な時間帯に働くことができたり仕事上での責任の範囲が少ないなど、生きていくうえでストレスをあまり感じずに済む要素が多くあります。

正社員に就職したら、職種や業界にもよるとは思いますが朝早くから働き、夜はへとへとになって帰ってくる。遊びたいときに遊ぶこともできず仕事に人生を支配されていまう、そんなイメージを持っている方もいらっしゃることでしょう。

しかし、正社員として働くということはその限りではありません。全員がそんな状況では仕事を辞めてしまう人だらけのはずです。

正社員として働くことにはフリーター生活では感じることができないようなメリットが沢山あり、責任が伴う分仕事へのやりがいや、面白みが出てくるものなのです。

さて、フリーターにはフリーターなりのメリットがありますがその分デメリットが多くあります。そしてそのデメリットは若いうちはさほど関係がないように感じても、年齢を重ねるごとに顕著になっていきます。

例えばローンが組めないなどであれば家を買うどころか車の購入もままなりません。その他結婚が遠のくなどのリスクや、年齢を重ねてからの仕事へのハードさも待っています。

もしも本気でフリーターとして生きていくことを考えているのであれば、その際は今一度フリーターのメリットとデメリットを比較し、悔いのない選択をしてください。

ちなみに、以下のコラムではフリーターが就職すべきかどうかをさまざまな視点から徹底解剖しています。数分で読めますのでもしよろしければチェックしてみてください。

結婚できるフリーター女性の特徴って?

さて、ここまでフリーター女性の危険性をはじめとした、フリーターにまつわるデメリットを多くご紹介してきましたが、実際のところフリーターでも結婚している女性は一定数いらっしゃいます。

では、こういったフリーター女性には一体どのような共通項があるのでしょうか?一緒に見ていきましょう。

目標がしっかりしているフリーター女性

まず、フリーターがなぜしばしば厳しい意見を投げかけられるのかというと、フリーターの方には総じて計画性がなく、やりたいことばかりを追いかけていて苦労が少ないと捉えられがちだからです。

しかし、実際のところ結婚できている女性の多くは確固とした目標や将来設定がある中でフリーターという選択肢を選んでいらっしゃいます。もちろん全員ではありませんが、そういった方が多い傾向にあります。

たとえばアーティストを目指しているなど、なにかしらの活動で生計を立てて行きたいと考える場合、なかなか正社員として働くことは容易ではありません。

そういったフリーターの方は、傍から見れば遊んでいるように見えますが、実際には精神的にも経済的にも過酷な生活を送っています。

そんな中でも自分の夢や目標のために頑張っている姿を見て、フリーターや正社員などといった枠を越えて結婚を決める男性は決して少なくないようです。素直に応援したくなるんですね。

家事が得意なフリーター女性

ちなみに、男性の多くが結婚する女性に対して家事をしっかりこなしてくれることを希望する傾向にあります。専業主婦ではないにしても、手際よく家事を行ってくれる女性に魅力を感じるようです。

ただし女性サイドとしては、家事を分担して欲しいというのが本音ですよね。女性だからって家事をやるのが当たり前と考えられると、ちょっとイラっとしますよね。

しかし、そんな時に家事が得意な女性から「家事を分担して欲しい」と伝えられれば、「あ、俺も人任せにするのはよくないな」などと冷静に考えてもらえますが、もし家事が苦手な女性からそのようなお願いをされたとき、男性はどう思うでしょうか?

中にはそんな部分ですらかわいく見えて、「しょうがないなぁ」といってくれる男性もいらっしゃるかもしれませんが、厳しい男性の場合は「家事ができないやつに言われたくないよ」「できないからって押し付けないで」などと思われかねません。

相手の意思を尊重できるフリーター女性

また、相手の意思を心から尊重できる女性に対して、男性はこの上ない安心を感じるようです。結婚生活を始めれば、それまでに見えなかったお互いの文化の違い、考え方の違いが出てきます。必ず出てきます。

そんな時に相手の気持ちを深く考えることなく「こっちの方が正しいに決まってる」「なんでわかってくれないの」などの思いやりに欠けた発言を繰り返されると、男性の心は疲弊しきってしまいます。

これは何も、男性の言いなりになりなさいということではありません。相手の男性の言葉や行動からその意志を深い部分まで汲み取る工夫をし、それと並行して自分の気持ちを理解してもらう工夫をするだけでいいのです。

もちろん違う人間同士ですから100%分かり合うことなんてできません。でも、少しでも相手をわかろうとする気持ちを見せることで、その気持ちは多くの場合相手にも届きます。

そんな風に相手の気持ちを思いやることのできる人こそ、他人との共同生活を送るという意味での結婚に適性がある女性なのかもしれません。

今後就職する意欲のあるフリーター女性

ちなみに、今は目標のないフリーター生活を送っていても、今後の彼氏との生活を少しでも豊かにしていくためにと就職を考えている女性も、結婚するにあたってこの上ない安心感があるようです。

特に男性が就職活動中の場合などには彼氏の就活のモチベーションにもつながり、二人の仲が一層深くなることも考えられますね。

しかし、そうなると今度問題になるのは仕事探しやそのための準備についてですが、今までフリーターを続けてきて就職活動の経験がないという場合は特に不安ですよね。

そこで近年20代の若者に人気なのが就職エージェントを利用して就活を進めていく方法です。多くの場合が無料で便利、かつ短期間での内定を目指せる点で支持があるようです。

就職エージェントとは、求職者に対して提携している企業の求人を紹介することを主なサービスとして展開している民間の就職支援サポートです。

例えば私たち第二新卒エージェントneoでは第二新卒者をはじめとした若者を対象にサービスを展開しております。

お一人お一人をプロの転職アドバイザーが担当させていただき、個人の希望条件や性格、適性に沿った求人をご紹介いたします。またその他履歴書の添削やアドバイス、本番さながらの面接対策も行っています。

加えて面接後のフィードバック入社後のケア、個人では行いにくい企業との交渉ごとも第二新卒エージェントneoではすべて代行しており、就活が非常にスムーズだったとのお声を多くいただいております。

なお、第二新卒エージェントneoの強みはなんと言ってもアドバイザーの丁寧さと人柄のやわらかさ。「人見知りで対人が苦手・・・」という方にも高評価をいただいております。

ご相談からでもかまいません。私たちのサービスはすべて無料で就職、転職どちらにも対応しておりますので、一人での仕事探しでお悩みの方はぜひ利用を検討してみてください。


スタートダッシュは、ゴールインのために。

女性フリーターが就職しやすい職業一覧

さて、ここまでで就職について少し気になってきたというフリーター女性向けに、正社員経験がなくても、その職種の経験がなくても内定を得られる仕事についてご紹介していきます。

もちろん職場によって未経験者を歓迎しているかどうかは異なるため、これ以外にもたくさん職種の候補はありますが、自分が興味のある仕事や方向性がこの中にないか、少しでもチェックしてみていただけたらと思います。

事務職

「事務職」とは書類の作成・処理、ファイリングなどの整理、電話応対・来客応対、その他データ入力などの業務全般を担う、その組織にとってとても重要な仕事です。

そして事務職には扱う内容によってさまざまな種類が存在し、一般事務、営業事務、経理事務、人事事務・労務事務、総務事務、医療事務、学校事務などがあります。

事務職は基本的に資格が不必要な場合が多く求人もかなりの数があるため、未経験で特に学歴に強みがなくてもそこまで苦労せずに転職することが可能です。

ただし事務職は他の正社員の方のサポートをすることが主な仕事であるため、周りへの気配りができ、ある程度迅速に行動できる能力が必要です。

また、事務職の場合は複数の業務を同時にこなす必要がありますので、物事を並行して同時進行させることができる人はかなり向いていると考えられます。

接客・販売職

「接客・販売業」についてはある程度イメージがつきやすいかと思いますが、単純に言ってしまえばお客様にものを売る仕事です。

こちらも未経験歓迎の求人が多く、学歴も重視しないことが多いです。

また接客・販売職は明るくやわらかい印象の方に向いており、基本的なコミュニケーション能力やわかりやすい説明をすることのスキルが求められますが、これに関しては練習すればできるようになることですので心配は無用です。

営業職

「営業職」はお客様へ自社商品やサービスなどの購入を促進して契約を取りつける仕事のことを指します。

営業では、比較的その商品やサービスを購入したいという意志の低いお客様に対してもその商品やサービスの内容や利点を解説し、最終的にご購入いただけるように進めていきます。

また営業職の中でも扱う商品やサービスによって仕事の種類は多岐に渡りますが、どの営業職も人と接する仕事であるため、それぞれに向き不向きがあると考えられます。

営業職は接客・販売職と並んで未経験者歓迎の求人が多く必要な資格もない上に、学歴よりも実力を大きく重視する傾向にあるため、その時点で営業のスキルがなくてもやる気とガッツがあれば問題なく転職できます。

そして努力次第で多く収入を得ることも十分可能です。

営業職に向いている人物像はやわらかい雰囲気のある方や明るい方で、またコミュニケーション能力や相手の話を聞く能力、負けん気を持って突き進む行動力が求められますので、自分の性格に合っているかを確認してみましょう。

営業職は単に商品やサービスを売り込む仕事ではなく、お客様に「価値」を提供することのできる素敵な仕事です。
興味がある人はぜひ転職を考えてみましょう。

ただ「ものを売る」という点で接客・販売と似た印象をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

しかし先にも述べたとおり営業職はジャンルを問わず購入意思のないお客様に対してその商品やサービスをセールスすることが主な仕事ですので、接客・販売職に比べて少々力量を要すると思われます。

▶フリーターでも高収入をGETできる就職先5選

介護職

「介護職」は現在、圧倒的な人手不足に陥っているため、求人がとても豊富に存在します。介護の仕事では、老人ホームなどの各施設で高齢者の身の回りのお世話をする仕事です。

具体的には、毎朝の起床後の着替えのお手伝いに食事のお世話ややおむつ交換、そして入浴など、かなり細かい時間軸で仕事をこなしていきます。フリーターからでも就職できる仕事です。

働く場所は特別養護老人ホームや介護老人保健施設、有料の老人ホームや認知症対応型共同生活介護、デイサービス、デイケアなどがあり、利用者がずっとそこで生活している施設と定期的に通ってくる施設が存在します。

上記のように、介護職は基本的には体力を要する仕事であるため男性が向いている印象があるかもしれませんが、中には女性に入浴関係のお世話をしてもらいたい利用者がいたりと女性のニーズも大変高いです。

そして何より資格を持っておらず未経験でもスキルアップを目指せる仕事ですので、人の役に立ちながら自分も成長したい女性には非常に狙い目です。


フリーターも、ワンランク上の仕事選び。

【注意】フリーターの彼氏との結婚は非常に危険!

現在フリーターの彼氏との結婚を検討している助成も決して少なくないでしょう。しかし、一回踏みとどまって考えてみてください。

フリーターの彼氏と結婚した場合には一体どんな結末が待っているのでしょうか。ここではその現実についてお伝えしていきます。

フリーターの彼氏との結婚の末路

フリーターの彼氏にはさまざまな理由でフリーターをしていることと思います。目標を追いかけるためだったり、資格を取得するためだったり、学校に通い直していたり、人一倍努力している方もいらっしゃると思います。

このようなフリーターの彼氏については結婚を検討しても特段問題はないでしょう。将来的に正社員を目指していたり、具体的に経済面について検討していてくれればなお問題ありません。

しかし、中には結婚を避けた方が良いフリーター男性の特徴があります。ここでは具体的にその特徴3つをご紹介しましょう。

まずひとつめは理由なくフリーターをしているという彼氏です。なんとなくフリーターをしているということは今おかれている状況のデメリットや、将来を見据えることができていないということと同義です。

ということは結婚をしたあとの生活についても一緒になって具体的に考えてくれるようなこともない可能性があるため非常に危険です。

二人で生活をしていくにはそれ相応のお金がかかります。やはりお金を稼いでいくことができなければ結婚生活は成り立ちません。

また子育てをするにも莫大な費用がかかります。アルバイトを続けていくだけでは昇給も賞与もないため金銭を稼ぎづらく、年齢を重ねたときには体力が衰えてアルバイトの体力のいる仕事ができなくなります。

フリーターを続けていてはいわゆる”普通の生活”というものをすることができなくなってしまうのです。

だからこそこのような無計画なフリーター彼氏は一緒にライフプランを考えてくれるようなこともないかと思いますので、結婚は避けた方が安全です。

また貯金がほとんどないフリーター彼氏も要注意です。先ほどもお伝えした通り結婚生活にはかなりのお金がかかります。そして子育てには何千万というお金がかかるのです。

にも関わらず貯金がほとんどないまま生活しているようなフリーター彼氏には、到底結婚生活を営む余裕はないでしょう。

しかも”貯金がない”とうことは、生活費に必要なお金を稼ぐだけで精一杯か、お金があるだけ遣ってしまう癖があることが考えられます。

前者については、彼氏と二人三脚で生活を営んで生きたいという女性には不向きですし、後者の場合は女性がいくら頑張って働いてもそのほとんどを使い切られてしまうことになりかねません。

特にギャンブル好きで際限なくお金を使ってしまうというフリーター彼氏は要注意です。

なお、フリーターのまま結婚しようと考えている彼氏も避けた方が無難です。なぜならフリーターを続けていては将来的にいわゆる”普通の生活”をしていくお金を稼ぐことができないからです。

たとえ子供を産まずに夫婦二人で生活をしていくとしても、フリーターを続けていてはお金も体力も間に合いません。

若いうちは単純計算だけして「結構余裕やん!」などと考えがちですが、実際は想像以上にお金が必要となるのです。せめて正社員になろうとしている姿勢が見えなければ結婚は検討しないでおくべきでしょう。

対策①フリーター彼氏に就職してもらう方法

さて、ここまでお読みになって、現在の彼氏に当てはまっている人は落胆されていることと思います。しかし、フリーター彼氏には就職してほしいことを伝えてみると良い方向にいくことがあります。

ただし以下の点に注意して伝えるようにしましょう。

*なぜ正社員になってほしいのかを説明する
*一緒に仕事を探すなど”二人で”協力し合う
*上から面線で伝えない

まず、正社員に就職するということに対して面倒くさいという認識を持っているフリーターの方は多いです。だからこそなぜ正社員に就職することが二人のためになるのかをしっかり説明しましょう。

また「正社員に就職してほしいの!」と一方的に伝えただけでは、「じゃあお前が就職して金稼げばいいだろ」と言い返される可能性もあります。

男性は男性が外で働いて稼ぐ役割を似ない女性が家庭内を守る役割を担う、という考え方をあまり好まない傾向にあります。やはり他人に決められるのって窮屈で嫌ですよね。

だからこそ、二人で力を合わせて彼氏の正社員への就職を目指そうという姿勢が彼氏を突き動かします。ぜひ伝えてみましょう。

ただし、このときに上から目線で伝えてしまっては良くありません。あくまでお願いのスタンスを保つようにすれば、フリーターの彼氏も頼られていることを嬉しく感じ、就職に対して意欲的になるのではないでしょうか。

対策②彼女がフリーター彼氏を守る方法

ちなみに、中には彼氏の収入に全面的に頼るのではなく、彼女が就職して彼氏を支えていきたいという場合もおありでしょう。その場合にも上記にお伝えしたエージェントを利用する方法が非常に有効です。

就職エージェントには女性に特におすすめの求人も多数存在します。非公開求人もあわせると選べる職種の幅も多岐に渡ります。

一人で就職活動を進めるのが不安であったり、少しでも有利に就活を進めたいという女性フリーターの方にはぜひ一度利用を検討していただけたらと思います。

ただしひとつ注意点があります。彼氏の夢を応援するために彼女がまず正社員になって支えて・・・という場合には問題ないかと思います。

しかし、彼氏にやる気がなかったり就職を面倒くさがられてしまったから自分が頑張ろうと考えている場合には、数年後にふと「なんで私ばっかり頑張ってるの!?」と激しい怒りの感情が湧き出ることも考えられます。

そうなると結婚どころの話ではなくなってしまいますので、ぜひ彼氏ときちんと将来の話をした上で働き方を考えてみてください。

フリーター女性に人気のコラム一覧

フリーター女性のニーズが高い仕事5つ&業界4選!おすすめの就職方法も!

フリーターの女性が正社員になって働きたいと考えたときに敷居が高いと感じることもあるでしょう。

特に学歴に強みのない女性や一度ブラック企業に勤めた経験がある方は、就職活動そのものに対して恐怖心や強い不安があるようです。

では、一体どんな仕事を選んだら就職しやすく、働きやすいのでしょうか。今後の働き方についても考慮した合理的な選び方についてご紹介します。

フリーターの女性だからこそ考えたい。仕事のやり方とメリット・デメリット

女性には家庭の事情があって正社員で働くのを諦め、フリーターとして仕事をしていることがよくあります。

フリーターという働き方が好きで選んでいる人もいますが、本当にその働き方で良いのでしょうか。女性の仕事の仕方を少し考えてみましょう。

フリーターはヤバイ!?正社員との違いを徹底比較!20代ならギリ回避できる方法とは?

フリーターとしてアルバイトを続けるのと正社員で働くのでは、一体どんな部分が違うのでしょうか。

生涯賃金が違うと聞くけど、アルバイトの方が手取りが多そうだし休みも取れそうと考えている方もいらっしゃるでしょう。

お金や待遇だけでなく、今後の生活に与える影響なども含めフリーターと正社員の違いと就職するメリットをまとめました。

「フリーター辞めたい」バイトの辞め方とは?悲惨な将来と正社員のメリットを知ろう

フリーターを辞めたいなら正社員への就職を検討してみてはいかがでしょうか?今はまだよくてもフリーターの将来は想像以上に悲惨なものです。

ここではバイト先への円満な退職の伝え方やフリーターと正社員の違い、就職初心者も安心の就活手順をわかりやすくお伝えします!

一人での就活に不安を感じたら就職・転職エージェントが手っ取り早い!

もしも自分ひとりでは不安だと感じたら、現代には就職・転職エージェントという強い味方が存在します。

就職・転職エージェントとは、フリーターの方をはじめとした仕事探しに困っている方のお手伝いを無料で行い、内定獲得までをサポートするサービスです。結婚できるかなぁ・・・と不安な女性フリーターの方にもおすすめです。

もしフリーターでの就職活動に不安や疑問、焦りや行き詰まりを少しでも感じたらぜひ一度利用してみるといいでしょう。

【体験談】フリーターから就職を成功させた人はこんなにいます!

「今までずっとフリーターだったからまともな職歴もないし、正社員に就職できずに失敗するんじゃないか・・・」と不安な気持ちでいっぱいの方も少なくないと思います。

しかし、実はこんなにたくさんのフリーター出身の方が正社員就職に成功しているのです。ぜひ体験談を読んで安心と勇気をもらいましょう!


「自分に合った仕事は?」

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div